サイトメニュー  WEB STORE

ラヴサーフのオーナー兼プロサーファーの西井浩治のブログです

Home > 24sBLOG > レポート

レポート Archive

サンクレメンテの『LOSTサーフボード』ファクトリーから西井のレポートです。



サンクレメンテの『LOSTサーフボード』ファクトリーから西井のレポートです。

MAYHEMが持っているのは日本から、

とあるPROサーファーからカスタムオーダーを頂いたSUB-DRIVERです。

こちらは、

レジェンドサーファーでもあり巨匠カメラマンの『横山泰介』さんのRNF-ULTRAです。現在乗っているストックサイズの5’10″/30CLが調子良くて、5’11″でCL値を28.5CLに落としてカスタムサイズでオーダーをいただきました。

これは、

MARKO社のストリンガー入りのEPSブランクスです。

こちらは、

同じMARKO社のEPSブランクスですが、

ストリンガーが無い『CARBON WRAP』用のフォームです。

ARCTIC FOAM 「ALGENESIS」

カリフォルニアサンディエゴ大学が開発した

シアノバクテリアやその他藻類を用いて製作したポリウレタンフォーム。

最先端テクノロジーは、やはりLOSTの元へ持ち込まれますね。

ドロップシャドーと呼ばれる、

2カラーのMAYHEMマークもリリースされました。

それらはこれからストックボードに使用されて、

カスタムオーダーでも、もちろんご利用可能になります。

チームライダー達から戻ってきたマジックボードも集められていたんので

ご紹介します。

『カリッサ・ムーアー』DRIVER

『グリフィン・コラピント』DRIVER

『コロヘ・アンディーノ』DRIVER

『イーライ・ハネマン』DRIVER

LOSTチームライダー達は、

みんなDRIVERが大好きです!

5週間ぶりにカリフォルニア・サンクレメンテに戻ってきた

MAYHEMは、WTライダー達のタヒチ用のボードをシェイプするので

『LOSTサーフボード』ファクトリーで忙しそうでしたよ。

歴代LOSTサーフボードアーティストが大集合!ライブペイントイベント!


カリフォルニア滞在中の西井のレポートです!

『ドリュー・ブロフィー』がサーフボードアートキットを発売するので

それを記念した、歴代LOSTサーフボードアーティストが大集合した

ライブペイントイベントが開催されました。

まずは歴代LOSTサーフボードアーティストをご紹介!

『ドリュー・ブロフィー』

『マックス・マクギー』

『スコット・メッズ』

『ランドル・カーマー』

『ライダー・バイオロス』

『テリー・シン』

彼らのサインが入っていたボードに乗っていたり乗っていた方も大勢いらしゃったと思います!

MAYHEMとDREWがサンクレメンンテで

ポスカペンでペイントをし始めてから、世界中のサーフボードのアートに影響を与えてきました。

サーフボードのシェイプデザインもそうですが、ボードアートの世界的流行もLOSTが引率していると言われています。

こちらはコロヘのボードで、

MAYHEMとDREWが当日ペイントして

そのボードをオークションで買えるというボードです。

ポスカペンで小さなボードにペイントできるイベントも子供達に大人気でしたよ。

VANS US OPEN 2019は、LOSTチーム『ヤゴ・ドラ』が優勝!!


9日間という長い期間をかけて行われた、

米国最大規模のサーフィン大会は、現地8/5(日)にファイナルディ迎えました。

ファィナルディは準々決勝からスタートでした。

準々決勝へ勝ち進んでいたのは、

『グリフィン・コラピント』と『ヤゴ・ドラ』です。

西井は二人は準々決勝を勝っても準決勝で対戦しない組み合わせだったので、

『グリフィン・コラピント』と『ヤゴ・ドラ』この二人の決勝対決を見たかったのですが、

『グリフィン・コラピント』の方が、準決勝で負けてしまい実現しませんでした。

『グリフィン・コラピント』準決勝ヒートは、

波が入るのが止まってしまい 、スタートから10分間、誰も波に乗らなかったので、

30分ヒートをリスタートしたぐらい波の本数が少なくなってしまう時間だったために

『グリフィン・コラピント』が本領を発揮する波が来ないままヒートが終了してしまいました。

『グリフィン』の、お父さんだけでなく、おじちゃんやおばあちゃんも応援にきていて残念そうでした、、

ブラジルの『ヤゴ・ドラ』は、

準々決勝、準決勝、決勝の3ヒートを、

ハンティングトンビーチ特有のピアに向かうピアボールと呼ばれている波に的を絞り、

フロントサイドのエアーリバースをキメまくり

WSLのクオリファイシリーズで1番ポイントの高いQS10,000であり、

観客動員数1位のサーフィン大会『VANS US OPEN 2019』にて、

見事優勝しました!

WTで順位が低迷していたので今回の『VANS US OPEN 2019』でQSランキングを

一気に46位も上げて現在トータル4位となり2020年のワールドツアー参加資格をほぼ確定しました!

MAYHEMによると、US OPEN優勝は

2012年の『ジュリアン・ウイルソン』が直近で、

古くは『コリーロペス』以来の20年前の3回目とのことです!

 

『グリフィン・コラピント』と『ヤゴ・ドラ』この二人が乗っていたボードは、

DRIVERモデルをアップディトした『DRIVER 2.0』と呼ばれているモデルです!

ラヴサーフにもいち早く入荷するのでお楽しみに!!

そしてこちらはお見逃し無く!!

WSL QS 10,000 『VANS US OPEN SURFING 2019』

激レア記念TEE&CAP予約販売スタートしました!!

本日のベストマッチ! LOST『POCKET ROCKET』モデル対決に勝ったのは?


ラウンド4を勝ち上がってきて、ラウンド5のマンオンマンヒートで、

本日のベストマッチになった、LOST『POCKET ROCKET』モデルの対決ヒートがありました。

『ヤゴ・ドラ』と『エバン・ガイゼルマン』です。

『エバン・ガイゼルマン』はフロリダのサーファーで小波が上手くて、

お父さんがシェイパーなのですが、そのボードには乗らずに、LOST『MAYHEM』ボードに乗り

モデルは『POCKET ROCKET』を好んでいるのが有名ですね。

勝ったのは、『POCKET ROCKET』に乗る、

こちらのブラジリアンの『ヤゴ・ドラ』の方で、

高いエアーの飛距離などの大きさで勝っていました。

現地、日曜日に行われるクォーターファイナルで、

『ヤゴ・ドラ』は、

フランスの『ジョーガン・コズネット』と対戦します。

そしてもう一人クォーターファイナルへ駒を進めたのは、

今大会優勝候補筆頭の『グリフィン・コラピント』です。

ライトとレフトに波に乗りまくり、

流れが止まらないフローするサーフィンで

バックサイドのエアーリバースと、

フロントサイドのエアーリバースを決めまくっていました。

ラウンド4とラウンド5は違うボードを乗っていましたが、

共にモデルは『DRIVER』でしたよ!

早いラウンドで負けてしまった『コロヘ・アンディーノ』も後輩の
応援に来ていました。

『VANS US OPEN 』4人のLOSTチームWOMENS選手が乗っていたボードは??


今日は朝1から『VANS US OPEN SUFING 2019』へ行っていました。

本日はWOMENSのラウンド3が行われて、4人のLOST/WOMENS選手がサーフしたので

その乗っていたボードのレポートをご覧ください。

『メイシー・キャラハン』

オーストラリアの若手選手です。

2017年ワールドジュニアチャンピオンの彼女はラウンド3で敗退です。

ボードは『DRIVER 』のラウンドテールでしたよ。

『キラ・カーピントン』

2018年ワールドジュニアチャンピオンの彼女はラウンド3で敗退です。

花のある選手でこれから有名になりそうですので覚えておいてくださいね。

彼女の乗っていたボードは『SUB-DRIVER 』でした。

『ティア・ブランコ』

波運が悪く相手選手に良い波を全て乗られてしまいラウンド3で敗退です。

彼女も乗っていたボードは『DRIVER 』で、ビーチにはボードが2本持ってきてあって、

古い方のEPS『DRIVER』を乗っていましたよ。フィンはKAフィンですね。

『キャロライン・マークス』

バックサイドの縦リップが炸裂してラウンド4へ進みました。

乗っているボードは勿論『DRIVER』です!

彼女がLOSTチームで唯一の優勝候補となっています!

昨年は2位だったので頑張って欲しいですね!

明日はメンズのラウンド4からスタートします。

ではまた明日レポートします!

Home > 24sBLOG > レポート

最新の記事
PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録