サイトメニュー  WEB STORE

ラヴサーフのオーナー兼プロサーファーの西井浩治のブログです

Home > 24sBLOG > Luvsurf TV | PUDDLE FISH-JP > 必見!LOST 日本限定モデル『PUDDLE FISH-JP』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動

キャンペーン

必見!LOST 日本限定モデル『PUDDLE FISH-JP』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動



LOST 日本限定モデル『PUDDLE FISH-JP』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動画

FILM:Michal Van Mierlo
EDIT:TABRIGADE FILM


これは5’3″x20″x2.56″でCL値27リットルのパドルフィッシュJPだ

パドルフィッシュJPにはグラブレールが標準装備なんだ。

日本限定発売のボードのほとんどはグラブレールが装備されていて、

ロストのグラブレールは極端なものではない。

長いグラブレールはボードがフレックスしなくなり硬くなってしまうからね。


グラブレールは、ノーズエリアのフォームを削いで軽くできるから
軽やかにボードが動くようにもなるんだ。

小柄な日本人のは小波でサーフすることが多いから、
浮力があるボードに乗る傾向があるからね。

でもグラブレールはドルフィンスルーを簡単にできて、
俊敏性もアップしてくれる、
見た目もいい。


パドルフィッシュはこの6ヶ月の間で最高のものになったんだ

去年の春頃、まず自分用にシェイプして最高に調子がよかった

パドルジャンパーをベースにデザインした



パドルジャンパーのスカッシュテールをハーフインチ(約1.3cm)カットして角を出し切り込みをいれた

“リバーススワロー”といって通常のスワローとは反対側にゆるくカーブしているんだ

そしてこの部分は角をもたせたままだ


チャンネルはクアッドフィンと平行だがテールに向かって広がっていく

徐々にゆったりと深くなるチャンネルはカーブしながらテールへとぬけていく


3つのアイデアのコンビネーションは、
テールエンドのアウトラインをスクエアーにし、
リバーススワローとマッチさせ、
それにR2チャンネルを組み合わせる

この3つの組み合わせが、しっかりとした乗り味と気持ちのいいターンを実現するんだ

しかも信じられない加速力があるんだ。

レールとの一体感があり、しっかりとした乗り味にしている

後ろ足で加速度を倍増させて、レールを入れ続けることができる。

本当に楽しくサーフできるボードだ。

フィンの組み合わせバリエーションが豊富でいろんな乗り方ができる

おれはMBキールフィンを組み合わせたりするし、

若いサーファー達は3フィンで乗ったりもする

ツインフィンとスタビライザーを組み合わせて調子良さそうに乗っているサーファーも見たな

ともかく楽しいボードだ

個人的には4フィンで乗っているけどね

前足位置にあたるボトムには深いコンケーブがはいっていて、


これがレールロッカーをつけている

強めのレールロッカーは小波の狭いフェイスでも簡単にターンができる


アウトラインに少しアレンジを加えてあって、センター付近にストレートラインがある

ポイントノーズになっている

ちょっとアウトラインにストレートポイントがあるクラシックなフィッシュのアウトラインのエッセンスがあるのかもしれない

アウトラインはパドルジャンパーよりも緩いカーブなんだ

このストレートラインが加速するターンを安定させる

ともかく楽しいボードだよ

クルーズできて簡単に波に乗れてしまうフィッシュのハイパーマンスバージョンって感じだな

人気の投稿

Home > 24sBLOG > Luvsurf TV | PUDDLE FISH-JP > 必見!LOST 日本限定モデル『PUDDLE FISH-JP』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動

最新の記事
PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録