サイトメニュー  WEB STORE

ラヴサーフのオーナー兼プロサーファーの西井浩治のブログです

Home > 24sBLOG > DIABLO-X | Luvsurf TV | 最新動画 > 必見!▪️LOST『DIABLO-X』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動画公開!

必見!▪️LOST『DIABLO-X』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動画公開!



▪️LOST『DIABLO-X』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動画をご覧ください。


これが『DIABLO-X』でシリーズ最新版だ。この数年力を入れている、日本限定販売の特別なモデルなんだ。もちろんいくつのものデザインの変更点はあるが、
これまでのDIABLOシリーズのいくつかの特徴を引き継いでいる。

例えばノーズエリアをワイドにすることによって、楽なパドリングと早いテイクオフを実現し、ガンガン波をつかめるし、ドライブの効いたターンができるんだ。しかしノーズの先端に向けて絞ったデザインにしてあるからFISHではなくショートボードと呼べるデザインになっているんだ。

パドリングに重要なエリアは幅が有り、グラブレールはドルフィンをしやすくし、コントロールもしやすくしてくれる。
後ろ足部分まではワイドなアウトラインで、ウイングからスーパースワローテールにかけて絞っていく。


この鋭角なウイングとスーパースワローテールの組み合わせは高いコントロール性能と鋭いターンを実現する。そしてこの独特なデザインのエレベーターウイングを採用している。このエレベーターウイングは、幅広でロッカーのないボードでも波のポケットでシャープなターンを容易にするんだ。だから波のフェイスを走っているときにはスピードが出て、テールを押し込めば簡単にターンをしてくれる。エレベーターウイングはレールロッカーをつけるから、ターンのきっかけがつかみやすいんだ。


多くの日本人サーファーからのフィードバックを元にして改良したのがこの最新版の『DIABLO-X』だ。
DIABLO-X』のレールはこれまでのシリーズより、ノーズからテールまで薄くした新形状になっている、しかし、デッキ面エリアのセンターを中心に十分な浮力を残してある、体も小さく、脚力があまりない日本人サーファーでもきちんとレールを入れたサーフィンができるってことだ。

これらのデザインを組み合わせることによって、楽なパドリングで、簡単に波をつかむことができて、小波でもスピードをだせるんだ。
はたくようなサーフィンではなくて、レールをつかった立体的で過激なサーフィンを実現するのさ、それがこの『DIABLO-X』だ!

人気の投稿

Home > 24sBLOG > DIABLO-X | Luvsurf TV | 最新動画 > 必見!▪️LOST『DIABLO-X』デザイナー本人”MAYHEM”の解説動画公開!

最新の記事
PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録