新企画「ロングからショートへの道」スタート!

タイトル(仮) ロングからショートへ乗り換え

現在ロングボードに乗られている方々、
周りのショートボードがバシバシスプレーを上げながら
派手に飛んだり跳ねたり回ったりしていて、

ショートの方がかっこいい!と思っていたりしませんか?
もしくは、サーフィンスクールに行ってロングでスタートして、
そのままの流れでロングに乗り続けているけど、
ショートに乗ってみたいと思っていたりしませんか?
その他にも、ショートボードは難しいと聞かされて、
移行するのを躊躇されている方や、

長くて重たいロングボードの保管や移動にお困りの方など、
理由は様々でもショートボードに興味を持たれている
ロングボーダーの方は少なくないと思います。
そんな、みなさま!乗ってみたいと思った日が乗り換える日です!

ここではロングボードからショートボードに乗り換えるための
知識、技術などを詳しくご紹介し、乗換えに成功し
レベルアップしていただくためのWEBページです。

当然、現時点では乗換えに多くの不安をお持ちだとは思います。
しかし、このページを読み進めていくうちにその不安は必ず期待のワクワクに変わります。
その時点でショートボーダーの仲間入りです。

まず、ここでは一般的に広まっているロングボードの利点と
ショートボードの利点を比較していきたいと思います。

・ロングボードの利点
高浮力で安心の安定感。
ボードが長い分、スピードに乗りやすくパドルが楽。
ボードが長い分、テイクオフが早く、早いタイミングからゆったり乗れる。
接水面積が大きいため、力の無い波でも強い直進性で加速。

・ショートボードの利点
短く、薄いためクイックに動く。
低浮力で沈みやすいので、ドルフィンが楽で。レールも入りやすい。
ボード自体が軽いので軽快なアクションが可能
ボードが小さいため持ち運びが楽で、保管も場所をとらない。

大まかにそれぞれの利点を挙げるとこんな感じです。
ロングは安定感があって楽に波に乗れて、
ショートは運動性能が高く、たくさん動いて楽しめる。
みなさん、そういう認識かと思います。
しかし、これはあくまでも一般的に広まっている認識です。

というのも近年、サーフボードのシェイプ技術が革新的に向上し、
今ではロングボード並の安定感と楽さを持ちながら、
ショートボードの軽快な運動性能を持ち合わせるボードたくさん作られているのです。

近年のシェイプ技術の向上により生み出された、
ロングのように安定して楽に波に乗れるショートですが、

これは単純にCL値(ボード容積)を多くしたショートということです。
ボードの長さをあまり出さない代わりに幅と厚みを足しています。
本来は幅と厚みを足すとボードの運動性能は落ちてしまいますが、
そこをアウトラインや、ロッカー、コンケーブの調整により
今までペラペラの薄いボードに乗っていた人でも
文句のでない運動性能を持たせています。

その代表がPLACEBO『RE-LOADED』です。
このモデルのコンセプトは「サーフィン再出発する人のためのモデル」です。
様々な理由で一度サーフィンから離れてしまって、また始めたいと思っている方や、
ショートボードで再出発したいロングボーダーのためのモデルなのです。

▼ロングボードからショートボードへに乗り換えにオススメのPLACEBO『RE-LOADED』

ロングボードをそのまま短くしたようなアウトラインで接水面積を増やし、
安定感と直進性を得ています。それでいてコンケーブやテールに細工がしてあり、
軽快に動くことを可能にしているのです。
CL値で見てみても、体重65kg前後の方で一般的なパフォーマンスボードが
27clくらいが適正なことが多いですが、RE-ROADEDは45.5clが推奨です。
この安心のボリューム感がロングからの抵抗なく乗り換えるためのコツです。
他のモデルを選ぶ場合でも、ロングからの乗換えや、初めてのサーフィンの場合は
適正体重のサイズより1サイズから2サイズ大きめを選ぶことをお勧めします。

それではパドリング等に関したロングとショートの違いについてです。
ロング並にパドリングが楽なショートボードに乗ったとしても、
やはりロングとショートは別の乗り物です。パドリングの仕方に違いがあります。

直進性が強いロングでは強くゆっくり水を掻くことで、ぐんぐんスピードがつきますが、

ショートでは力を抜いて軽快に水を掻くことでボードも軽快に動きます。
一見ショートの方が疲れそうに思うかもしれませんが、ボードが軽い分、
軽い力でも加速するので力を抜いたパドリングに慣れると、とても楽になります。
そして、ゲッティングアウトの際の違いです。
ここではドルフィンスルーが肝になります。

ボードごと潜ってスープをやり過ごすドルフィンスルーはロングでもできないことは無いのですが、
ボードが沈みにくいため難しい技術になります。
しかしショートではこのドルフィンスルーが基本となります。
ドルフィンスルーをマスターすることが上達への近道と言えます。
また、ドルフィンスルーで効率よくスープをよけるので、
ロングよりもピークに近いチャンネルでアウトにでることが可能になります。
つまり短時間でアウトのピークまで行けるということです。

最後はテイクオフの違いです。
これももちろんパドリングに関連するのですが、

ロングは強く掻きながらウネリにタイミングを合わせていきますが、
ショートの場合は軽快なパドリングをよりスピードアップしていき
テイクオフ直前に最大スピードになるようにコントロールします。

さらにはテイクオフするポジションも重要で、直進性が強いロングと違い
ショートはできる限り波の力の強いポジションにいる必要があります。
テイクオフがロング並に速い高浮力ショートで、ウネリから立ってもやはりポジションは重要です。
しかし、難しいことではありません。
ショートはロングよりも軽快に動くので波のいいポジションを探し移動することも容易なのです。
何度もトライしてベストなポジションを探し出すのも上達の近道です。

パドル、テイクオフの違いに続いて、ここからはメインとも言える
ライディングの違いについてご説明していきます。
ライディングはサーフィンをやらない素人が見ても一目瞭然の違いがあります。

ショートは軽快に波を上下、上下と動くのに対し、

ロングは直線的にゆったりとターンします。
ではロングからショートに乗り替えた場合、どのようにすると上下に動けるようになるのでしょうか。

まずロングに比べ直進性が弱いので、体勢を低くし、
しっかりとボードに体重を伝えなくてはいけません。それによりボードはより加速します。

そして、ターン時にボードに更に力を加えレールから沈めます。


沈めてから力を抜いてボードが浮き上がる反発力を使い爆発的スピードで波を駆け上がるのです。
ロングと比べるとショートの方が圧倒的にボードを沈み込ませやすいため、
スピーディーな上下運動と鋭角なターンが可能になるのです。

少し難しく感じるかもしれませんが、難しくて当たり前です。
ずっとショートをやっているアベレージサーファーもトッププロサーファーも
この一連の動きの精度を高め、
より速く、強く、大きくターン出来るように日々練習しているのです。
少しずつでもできるようになってくるとロングにはなかった快感を味わえますよ!

ここまでショートとロングのパドルやライディング等、動きの違いを紹介してきましたが、
ここでは関連した道具の違いをご説明したいと思います。

サーフィンをするためには当然サーフボード以外にも道具が必要です。
まずはボードの次に高価で重要なアイテム、ウェットスーツです。
ショートはロングよりも必然的に運動量が増えます。
そのためウェットスーツはできる限り動きやすいものがいいです。
フロントジップの重ね着タイプのものやジャージよりもラバー面積が多く
硬いものなどはショートボーダーには向いていません。
できる限り薄く、柔らかく、軽いものがいいでしょう。
かといって冬場に身体が冷えきってしまってはしょうがないので、保温性能も高さも必要です。

例えばこちらのANCHORウェットスーツ「WARM CAVE」は
防水性が極めて高いライトドライスーツで、
全身をLUFTEX-αという保温性能の高い、柔軟なジャージ素材で作られています。
温かくて動きやすい代表的なモデルです。

次はリーシュコードです。一見ロングとショートで使い回せそうですが、

長さ、太さが全く違います。ショート用の一般的な長さは6フィートに対して
ロング用は9フィート。1メートル近く長さが違います。

それ以外にも当然ながらフィンやボードケースも全く違うものになります。
もちろん日焼け止めや、耳栓のように当たり前ですが使い回しの効くものもありますが、
多くの関連道具が使い回しの効かない専用のものになります。その中には消耗品も多く存在します。
ショートに乗り替えようかと思っているのに、ロングでしか使えない消耗品を
買い足してしまっているというのもよくあることなのです。

ここまで、様々な視点からロングからショートに乗り替える術をご説明してきましたが、
それではまず何からはじめればいいのでしょう?
ここではロングからショートに乗り替える際にやるべきことをご説明していきます。

まず、第一ですが、ショートボードを買いましょう。ただのショートボードではありません。
先にご説明しましたが、ロングからの乗換えの場合は通常よりもボリュームのあるモデルで、
さらに体重やよく入るポイントなどを考慮して最適なものを選ぶ必要があります。

また、それに関連したフィン、リーシュ、ケースなど合わせてそろえることをお勧めします。
そしてウェットスーツもショートボードに適した、動きやすく軽いものを選びましょう。
正しい道具を揃えないと、サーフィンにストレスを感じたり、
場合によっては危険なこともあるので、道具選びはとても重要です。

そしてショートはロングよりアグレッシブに身体を動かすため、
簡単なトレーニングを継続的に行う事をお勧めします。

腕立て、スクワット、ゴムチューブでのパドルトレーニングなどですが、
写真のCTライダー、フィリッペ・トレドのようにハードワークの必要はありません。

どちらかというと筋力を強化する目的よりも、腕立てならドルフィンスルー、

スクワットならライディングスタンス、ゴムーチューブでのパドル、
それぞれのシチュエーションをイメージしながら筋力トレーニングを行うことで、
サーフィン中にアグレッシブに筋肉を使って動けるようにする目的が強いです。
もちろん筋力アップするに越したことはないのですが、
ハードワークで身体を壊してしまうこともあるので、
楽でもしっかり継続出来るトレーニング内容がいいでしょう。
更にもう1つ。陸上トレーニングでも実際のサーフィン中でも、

パドル時に腹ばいになるポジションとテイクオフ後のスタンスが
素早く正しい位置になるように意識しましょう。
これだけでもスピードの乗り方、ボードの動き方がガラッと変わります。
ここまで準備ができれば、すでに立派なショートボーダーです。
あとは練習を重ねてリップで派手なスプレーを飛ばすだけですよ!

ロングボーダーのみなさま。「これからもロングボードだけをやり続ける」
と決めている方はもちろんそのままでロングボードを楽しまれるべきだと思います。

しかし、少しでもショートに興味がある方は冒頭でも言いましたが、すぐに乗り替えるべきです。
ここまでご説明してきた通り、ロングボードとショートボードは波に乗ることが共通しているだけで、
全く別のスポーツなのです。いくらロングを練習してもショートは上手くなりません。
ショートの乗るための練習用にロングをやられている方は大きな回り道をしているだけです。

また、ボード以外の関連道具に関しても使い回しができないものがほとんどのため、
消耗品を買い替えることを考えると、ロングボード続ければ続ける程、無駄なお金がかかることになります。
その点から考えても、ショートボードがやってみたいのであれば、すぐに乗り替えるべきなのです。
とは言っても不安はつきものだと思います。それを払拭するために、

ここまで様々な視点からご説明してきましたが、あとはLuvsurfのスタッフに直接ご相談ください。
ロングからの乗換えに際し、体型やニーズに合った安心して乗れるショートボードをご紹介します。
また、関連道具のご案内、ちょっとした技術指導も丁寧にやらせていただきます。
もう一度考えてみてください。ロングがやりたいのか、ショートがやりたいのか。
ショートがやりたいのであれば、すぐにLuvsurfにご連絡ください!

★お問い合わせはコチラからどうぞ!>>>