新企画「ロングからショートへの道」スタート!

ロングからショートへの道

はじめに

 
最近ラヴサーフ には「ロングボードをやっているがショートボードに転向したい」や、「加齢と共にロングに転向したがやはりショートがやりたい」「昔ショートをやっていてロングで復帰したが、どうしてもまた、ショートがやりたい」といったご相談を多数いただきます。

たとえば、こちらのお客様はずっとロングボードやってこられたのですが、息子さんがショートボードをやるようになってメキメキ上達し、「一緒にショートボードをやりたい」というのと、「まだまだ息子には負けられない」という気持ちでショートボードへの転向を決断されました。

他にも、周りのショートボードがバシバシスプレーを上げながら派手に飛んだり跳ねたり回ったりしていて、ショートの方がかっこいい!と思っている方や、サーフィンスクールに行ってロングでスタートして、そのままの流れでロングに乗り続けているけど、ショートに乗ってみたいと思っている方。ショートボードは難しいと聞かされて、移行するのを躊躇されている方や、長くて重たいロングボードの保管や移動にお困りの方など、理由は様々でもショートボードに興味を持たれているロングボーダーの方は少なくないと思います。
そういった方からのご相談がここ最近増えたのには理由があります。それは最新ショートボードの進化が関係しているのです。

ここでは最新の進化したショートボードの紹介と共に、ロングボードからショートボードに乗り換えるための知識、技術などを詳しくご紹介し、乗換えに成功しレベルアップしていただくためのWEBページです。
 

ロングボードとは

 
まずはここでロングボードとは何かを考えてみましょう。

ロングボードとは一般的には9フィート(約275cm)以上のサーフボードを指します。ノーズと呼ばれるボードの先端は丸いものが多く、全体的に厚みも幅もしっかりとあります。そのため安定感がありと直進性が強いので波に楽に乗れて、初心者に向いているとされています。
 

ショートボードとは

 
ショートボードとは一般的に9フィート以下のサーフボードを指しますが、現在では9フィートから7フィートのものはミッドレングスと呼ばれ、ロングボードとショートボードの中間と分類されているので、通常ショートボードは7フィート(約213cm)以下のものがほとんどです。

様々なタイプのモデルがありますが、どれもロングボードに比べれば薄く、細く、運動性能は高いが安定感がないので波に乗るのが難しく、サーフィン上級者や若者向きとされています。
 
さて、今挙げたロングは初心者、ショートは上級者というイメージは正しいのでしょうか。ここからは色々な角度からそのイメージについて考えていきます。
 

サーフィンの歴史

 
・サーフィンのはじまり
まずはサーフィンというものがどのように生まれ、どのように成長してきたのかを考えてみましょう。
サーフィンの起こりは諸説ありますが、古代ポリネシアによるアウトリガーカヌーが基になっていると言われています。カヌーの横にバランスを取るために大きなウキのようなものが着いていて、漕いで沖に漁に出て帰りは波に乗って帰ってきていました。
<写真>
最初のサーフィンは舟から発展したものなので、当然大きな板に乗っていました。これが西暦400年頃と言われていて、当時はスポーツというよりは娯楽やアニミズムの信仰の意味合いが強かったと思われます。そのため、その後のヨーロッパ人入植の際にキリスト教宣教師によってサーフィンは完全に禁止されてしまうのです。
 
・サーフィンの近代化
サーフィンというものをその流れから完全に変えたのは「デューク・カハナモク」です。
<写真>
ハワイ出身のデュークは水泳でオリンピックの金メダルを3つも持つ世界最高レベルのアスリートです。そのデュークがサーフィンを世界中に紹介し、サーフィンは一気に爽やかで健全なイメージに変わっていきます。特にデュークと関係が深かったオーストラリアではサーフィンが国技になっているほどです。
 
ここからサーフィンはスポーツとして進化していくのです。
 
・ショートボードのはじまり
劇的な変化が起こったのは1970年前後です。それまで9フィート以上あったサーフボードの長さが一気に6フィート前後まで短くなったのです。その大きな変化はサーフィンを今までとは全く違うものへと変えていきました。

そして、ハワイのレジェンド。パイプラインの神様と言われる「ジェリーロペス」によって世界中に短いボードが紹介されました。ジェリーロペスの見たこともないアグレッシブな動きにどのサーファーも魅了され、みんなこぞって短いボードに乗り出したのです。
 
ここからショートボードの歴史が始まります。
 
・日本でのサーフィン歴史
さて、では日本にはどのようにサーフィンが入ってきたのでしょう。
日本では遥か昔から、独自のサーフィンを楽しんでいた。という説もありますが、近代サーフィンが日本に上陸したのは第二次大戦後です。日本に駐留した米兵が神奈川県藤沢、茅ヶ崎、鎌倉と千葉県鴨川でサーフィンしたことがきっかけと言われています。その後、好景気の波に乗り、レジャースポーツとして一気に大衆化します。そして何度かのサーフィンブームを経て現在に至っています。
 
 
ここまでサーフィンの歴史を振り返ってみましたが、わかることはショートボードがサーフィンの最も進化した形だということです。はじめから2種類あったわけではなく、ロングボードによるサーフィンを進化させた全く新しいスポーツがショートボードのサーフィンなのです。
 

ロングボードとショートボードの違い

 
歴史的に見て、ロングボードとショートボードは全く違うスポーツということがわかりましたが、ここからのその違いの詳細を見て行きたいと思います。
 
・波の違い
ロングとショートが違うスポーツなら、乗る波にも違いがあります。言い換えるなら、それぞれに適した波というものがあるということです。

まず、波ができるメカニズムを簡単に説明すると、外洋で低気圧等の要因から水の揺れが発生し、それがうねりとなって岸まで伝わります。うねりは最終的に岸の浅瀬にぶつかり、せりたって先が折れるように崩れます。その瞬間をサーフィンでは波と言い、ブレイクというのですが、同じでうねりでも、海底の地形の状態によってブレイクの仕方が大きく変わり、それが波の良し悪しとなり、ロング、ショートの向き不向きも決めます。
<写真>
たとえば、遠浅のビーチの場合、波の角度は緩く沖からゆっくりと長いラインでブレイクします。逆にいきなり浅くなるビーチは波の角度は直角に近づき、スピーディーに一気にブレイクします。その他、うねりの向き、風向き、海流など様々な要因からブレイクコンディションは決まるのですが、一般的にはロングは直進性を生かすため、波の角度が緩く、長くゆっくりブレイクする波が合っているとされています。一方ショートは醍醐味であるトップアクションのために、角度があってピーキーな波がいいとされます。
 
ロングとショート、合う波も全く違うため世界中のサーフポイントにはショートボード専用のポイントが多数存在します。理由としては完全にショート向きのブレイクだから。ロングとショート一緒だとテイクオフ、ゲットアウトのタイミングがずれて危ないから。ポイントの波の性質上、ロングがアウトからテイクオフするとショートが絶対に乗れなくなるから。などの理由が挙げられます。しかし、ロング専用のポイントというのは非常に少ないです。ショートボードはその動きとは裏腹にロングと比べると弱者として見られることがあるのも事実です。
 
・競技としての違い
今度は競技として見たロングとショートの違いを考えていきます。
サーフィンの大会自体でルールがそれぞれ違ったりするのですが、世界最高峰のWorld Surf Leagueで比較すると両者にヒートのルール自体の大きな違いはありません。しかしその採点内容が全く違います。

ロングボードはハングテンやハングファイブなどボードの上を歩きノーズライドするロング特有の技があります。これらはボードのスピードをコントロールする意味があり、ロングボードはこれらスピードコントロールの技と大小のターニングを組み合わせ、直線的なラインの中でもスタイリッシュに大きく動き、波のいいポジションをキープすることで加点されていきます。

一方ショートボードは基本的にトップのアクションで加点されていきます。波が力強く危険に崩れるギリギリのスポットでスピードにのった大きなターンをすると高得点になります。空中に飛びだすエアーリバースやフルローテーションなどの大技もこの延長上にあります。
ロングもショートも当然、他の様々な要素を加わった上で採点され、合計得点を競うのですが、実際に世界のトップレベルの大会を見比べると全く別のスポーツであることが実感できます。得点を得るために目指す動きが極端に違うので当然と言えば当然です。

そして競技においてのロングボードとショートボードの大きな違いはもう一つあります。それは賞金です。
ロングボードの世界最高峰の大会で賞金総額は約5万ドル。ショートボードの世界最高峰の大会は賞金総額約30万ドル。なんと6倍です。最先端で常に道具も技も進化し続けるショートボードの大会は宣伝効果が高いためスポンサーがお金を出すのですが、下火のロングボードの大会にはお金を出さない。
あくまでショートボードがマジョリティー。それが世界の現状なのです。
 
・パドリングとゲッティングアウトの違い
それではここからは本題とも言える実際サーフィンをする上でのロングボード とショートボードの違いを細かく見ていきたいと思います。
ロングボードは長く、幅広く、厚いため安定感と強い直進性を持っています。それによりパドリング時は漕ぎ出しこそ若干遅いものの、すぐに加速して力強く前進します。また、一度加速したら失速しにくいのも特徴です。このことからパドリングは楽に進むと考えて間違い無いです。


しかしゲッティングアウトになるとそんな簡単ではなく、重心を後ろから前に勢いよく移動するスクートン・シュートや半回転して体を海底側にして潜るローリングスルーで崩れた波をやり過ごす必要があるのですが、ボードが大きいことも作用して岸に押し戻されてしまうことが多いのです。そのためロングボーダーは沖に向かう強い流れの効果で、波があまり崩れないチャンネルを利用して回り込むようにアウトに出るのが一般的です。


一方ショートボードはロングボード に比べれば強い直進性もなく、浮力も少ないので失速しやすいです。しかし初速が速く、小回りが利くので力を抜いて軽快にパドリングをすると失速することなく楽に前進します。そして、ゲッティングアウトに関してですが、これはドルフィンスルーが肝になります。ボードを沈めて身体と一緒に海中に潜る技術をドルフィンスルーもしくはダックダイブと言うのですが、この技術によりかなり効率よく崩れた波を潜ってやり過ごすことができるのです。ショートボーダーもチャンネルは使いますが、明らかにロングボーダーよりも直線的に波のピークに向かえるのは事実です。
 
・ポジションとテイクオフの違い
アウトに出たら次は波に乗るポジションとテイクオフを比較してみます。

ロングボードはその直進性と浮力の強さで、波がブレイクする前のうねりに状態からテイクオフできるので、ねらうポジションもピークよりアウトのうねり部分か、ピークから左右にずれたショルダー部分になります。そこからテイクオフすればロングが得意とする角度の緩い状態からのスタートになり、さらに始めから安定してレールを入れて横に走り出しやすいので苦手とされる急激なターンをする必要がありません。

ショートボードはというと波の一番せり立つピークからのテイクオフになります。波の一番角度がついて力が強まるポジションとタイミングを狙い、その瞬間が最高速になるように爆発的にパドルします。ロングに比べると推力が弱いのでテイクオフ時のスピードが何より大切になるのです。スピードがついていれば急激なターンも可能で、うまくいけば思い通りにボードが動きます。
 
・ライディングの違い
テイクオフの後にくるのは当然ライディングです。ロングとショートでのライディングの違いを比較してみます。

ロングボードは基本的には波をただ横に走るだけでも失速せずにかなり直進します。そこにボトムターンとトップターンを波の状況に合わせ、大きさや角度を調整しながら組み合わせることで波のパワーゾーンと良いフェイスを捉え続けることができます。さらにはボードの上を歩くウォーキングや、ノーズに立つハングファイブやハングテンでよりスタイリッシュにスピードをコントロールして波を攻めます。しかし基本は横に向かっての直線的なラインでのサーフィンになります。

ショートボードの基本は逆に波を上下に動くことです。推力の少ないショートは波の力を最大限利用することが必要でそのためには波の一番力のある部分でトップからボトムまでしっかりと自分の体重もボードに伝えながら、一気に下りることが必要なのです。そこから鋭角なターンと沈めたボードの反発をうまく使い一気にトップまで上がり、トップでまた鋭角なターンをしてボトムに下ります。常に最大加速を得るためになるべく波を上下にスピーディーに攻めるのがショートボードなのです。
さらにはトップでターンする際の波の状況、トップへの進入角、進入スピードによって、オフザリップ、カットバック、フローター、エアー系の技まで、様々なアクションに繋がるのです。
 
・運動量の違い
ここまでロングとショートの違いを考えてきましたが、こんなに違うならと1回のサーフィンでの運動量にも差がでてくるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。実はその通りで、ロングボードとショートボードでは運動量や運動の質、使う筋肉などが全く違います。
それはロングがマラソンでショートは短距離走のような違い。もっと厳密に言うなら、ロングが4000mジョギングで、ショートは400mダッシュ×10本といった感じでしょうか。
パドリングだけで見てみても、いくら力を抜いているとはいえショートの方が回転数が明らかに多いですし、テイクオフ時には爆発的にパドルをする必要があります。また、ライディング中もショートは大きなアクションのためボードを沈みこませる脚力が必要ですし、スピードに乗った鋭角なターンをする際にはそれを支える全身の筋肉が必要になります。
参考までにロングのトッププロとショートのトッププロの体型を見比べてみるとよくわかります。
<写真>
ロングのトッププロは軽めの体で効率よくボードを動かすためにマラソンランナーのような体型が多いのですが、ショートのトッププロは爆発的パドルとハードなトップアクションをリードするための広背筋、ボードを沈みこませるための大腿筋が非常に発達しています。
当然、体型はひとそれぞれではありますが、ロングとショートでは運動量に差があり、使う筋肉が違うと言うのは事実なのです。
 
・関連道具の違い
サーフィンの道具はボードだけではありません。様々な小物が必要となります。サーフボード以外のサーフィン関連道具はロングとショートで違いはあるのでしょうか。

まず、サーフボードに取り付けるフィンですが、ロングボードは大きいシングルフィンを使用するのが基本です。両サイドにスタビライザーを付けて3本にしたり、ツインフィンで乗れるモデルもあったりしますが、基本的にはロングボード専用のフィンになります。

また、ショートボードもトライフィン、クワッドフィン、クラシカルなツインフィンとありますが、どれも基本的にはショート専用のフィンになります。
一昔前まではフィンとボードは一体型だったので当然といえば当然かもしれません。


次はボードと体を繋ぐリーシュコードです。これはロングとショートで使いまわせると思っている方もいるかもしれませんが、ロングボード用のリーシュは一般的には9フィート。ショートボード用は6フィートなので、3フィート(約91cm)も長さが違います。ロングはボードの上を歩くアクションがあることと、ショートはできる限り軽く水の抵抗をなくすためにこの違いがあるのです。

また、同じに見えるウェットスーツにも違いがあります。ロングボーダーのウェットスーツはフロントジップで重ね着もできるスタイリッシュなものが多いのに対し、ショートボーダーのウェットスーツはバックジップもしくはジップレスでジッパーが激しい動きを阻害しないようなっていて、さらに激しいパドルに対応するように肩の生地は薄くしてあり、激しいボードの動きに対応するように股のカットをメーカーそれぞれ細かく研究改良しています。
 
今挙げた以外にも当然ボードケースも違いますし、ラックやスタンドも違います。耳栓やポリタンクやバケツなど使いまわせるものありますが、基本的にはロングボードとショートボードでは関連する道具もすべて別と考えた方がいいでしょう。
 
 
このようにロングボードとショートボードはサーフィンの中では真逆の存在で、全てにおいて大きな隔たりがあり、それは別のスポーツと説明するには充分すぎるほどなのです。
 

ロングはショートに乗る前の初心者ボード?

 
ここで改めて考えたいのは一般的に広まっている、ロングボードは初心者用でショートボードが上級者用というイメージです。
ここまで読んでいただければ、それが大きな間違いであることがわかっていただけると思います。なぜならロングとショートは違うスポーツだからです。ショートボードをやりたい初心者は初心者用のショートボードに乗るべきですし、ロングボードをやりたい上級者は上級者用のロングボードに乗るべきなのです。
 
ショートボードをやりたいのに最初の練習のためにということでロングボードで始める方を多く見受けますが、ポイントも乗る波も違う。パドリングの仕方も違うし、ボードの走らせ方も違う。さらに使う筋肉も違うのにショートボードの練習になるのでしょうか。もちろんなりません。貴重な時間を使い得たロングでの経験がショートではほぼ無意味になってしまいます。それどころか腕を広げ気味のパドルや、膝をついてわざとワンテンポ遅らせるテイクオフなど、ロング特有の癖がついてしまい、むしろマイナス面しかないのです。関連するサーフグッズも違うので、まさに時間とお金の無駄です。

これは初心者だけに言える話ではありません。ロングである程度経験を積んだ方で、もう少しロングが上達してからショートに転向しようと思っている方も、ベテランロングボーダーで、いつかショートをやってみようと思っている方にも言えることです。ロングボードがいくら上達してもショートボードは絶対にうまくなりません。ショートをやってみたいと思いながらロングで海に入っている時間がもったいないです。その時間をショートの練習に使えば間違いなくショートボードが上達していきます。
 
 
しかし、そうはいってもロングからショートへの乗り換えや、ショートでのスタートには不安がどうしてもあると思います。ロングよりもボードは小さいし一般的には波に乗りにくく、扱いが難しいとされているからに他ありません。
ここからはそんな不安を払拭するための知識や技術を紹介していき、安心してショートに乗り換え、スムーズに上達できるようご案内したいと思います。
 

サーフボードのアウトラインとディメンション

 
まず知っておきたい知識として、サーフボードのアウトライン(輪郭)とディメンション(長さ、幅、厚み)がサーフィンにどのように影響するのかご説明していきます。
 
・アウトラインについて
アウトラインは簡単に言えば、ノーズ(先)が尖っているか丸いか。同じくテール(後ろ)が細いか幅広いか。全体的に丸みを帯びているか、長細いか。横から見て反っているか、平らか。というようなことです。他にも様々な要素はありますが、今挙げたものはボードの接水面積に関わっています。

ノーズは尖っていると接水面積が少ないため、水の抵抗が少なくターンがクイックになります。丸いと接水面積が多いので安定感が出ると共に直進性が強まり、さらに前に重心がかけられるので加速しやすくなります。

テール側も細ければ接水面積が少なく後ろ足の踏み込みの反応が強くなりターンが鋭角になります。逆にテールが広いと安定感が出てテイクオフが早く、さらに反発が強いため踏み込んだ際の加速も強くなります。
ボードの反りはロッカーといって、反っていると接水面積が減って回転性が増します。平らだと接水面積が増えて直進性が増します。
また、接水面積が同じでも全体的に丸っこいボードは回転性が強く、長細いボードは直進性が強いという特徴があります。
 
・ディメンションについて
サーフボードの長さ、幅、厚みもサーフィンに大きく影響します。
まず長さは、長ければ長いほど直進性が増します。短ければ短いほど回転性が増して、反応が速くなり運動性能が増します。
幅は広ければ横のぶれが減り安定感が強くなります。またボードが沈みにくくなり、力のない波でも進みやすくなります。しかし、広すぎるとターンの際の動きが鈍くなり運動性能が下がります。
厚みは厚いほどボードの浮力が強くなり安定感が増します。幅広と同じく沈みにくいので小波性能が上がります。しかし同時にレールが入りづらくなりターンが鈍角になります。

また、現在はほとんどのボードにCL値の表記があります。これはボードの体積を表したもので、アウトライトとディメンションの全てがこのCL値に反映するため、とても参考になる数値です。単純に数値が大きいと浮力が強まり安定感が出ます。数値が少ないと鋭利な運動性の高いボードになります。
 
・ロングボード の利点、ショートボードの利点
それでは、アウトラインとディメンションの知識を踏まえた上でロングボードとショートボードの利点を考えてみましょう。
ロングボードは丸いノーズに幅広テールでロッカーも少なく長さ、幅、厚み全てにおいてショートよりも大きいので、安定感があって直進性が強くテイクオフが早い。しかも沈みにくく進み続ける。
ショートボードは色々なモデルがありますが、どれも確実にロングよりは接水面積が少なく、ディメンションもロングよりは小さいので、機敏に動いて運動性能が高い。

ここまでだとやはりショートボードは難しいだけじゃないかと思われるかもしれませんが、ここから冒頭で触れた、ショートボードの進化の話をしていきたいと思います。
 

技術革新と高浮力の時代

 
・ショイプ技術の進歩
それはニーズの変化から起こったと思われます。
世界のトッププロの大会ではそれまで薄いボードで波を鋭角に刻むようなターンに得点をつけていたのですが、エアーアクションが浸透していくに従って、より難易度の高いエアーアクションにはより高い得点をつけるようになっていったのです。

そうなれば当然トッププロたちは難易度の高いエアーアクションがメイクできるボードを必要とします。エアーのメイクのためには浮力が強いボードを強く反発させて宙に飛び出す必要があり、さらには着水時には転ばないように、失速しないようにやはり浮力が必要でした。
各シェイパーはお抱えのプロたちが勝てるように、またプロたちの期待に応えられるように必死で研究開発を繰り返し、レールやロッカー、ボリュームのバランスなどに細かく調整し直すことで、高浮力でも運動性能が高いショートボードを作り出したのです。

そこからの世界のトップコンペシーンは魔法がかかったように進化します。今までと変わらぬ軽快なマニューバーから、皆が当たり前のようにエアーリバース、アーリーウープ、フルローテーションをメイクするようになったのです。
その高浮力の流れは次第に一般サーファーにも浸透していきます。アベレージサーファーにとってはエアーをメイクするためではなく、薄いボードと変わらない感覚で動かせるのに、安定していてテイクオフが早く、スピードに乗りやすいボードとして主流になっていったのです。
 
・さらに浮力を足したイージーサーフモデルの登場
LOSTサーフボードのシェイパー、マット・バイオロス・メイヘムはその高浮力の技術を応用し、新しいものを作ろうとしました。それはさらに浮力を足して、初心者や体の大きなサーファー、年配のサーファーでも楽しめるショートボードです。
今までのそういった類のボードは確かに安定はしているけど、まっすぐにしか進まないお世辞にもショートボードとは呼べないものばかりでした。そこに最新技術を応用すればその超浮力のボードでもクイックに動くようにできるのではないかという挑戦でした。

体の大きなメイヘム本人が乗りたいというのも要因となり、その挑戦は見事成功しLOSTのイージーサーフモデルが生まれました。今までの常識を覆すほどの超浮力で、波に乗れば誰もが驚くほどスムーズでクイックな動きをみせます。これにより、今まで諦めていた小波でも楽しくサーフィンできるようになり、場合によってはロングに負けないくらいの早さでテイクオフできる反則のようなボードが出来上がったのです。

その代表モデルをご紹介すると、

こちらはメイヘムがデザインした『PLACEBO GOBLIN-SPRINT』です。このモデルは基本的には小波用に作られたモデルなのですが、波を捕まえやすくて動かしやすいため、初心者からレディースサーファー、年配の方にも大人気です。
最大サイズの5’10で43.0clもあり、この長さではありえないくらいのボリュームがあります。

そのボリュームをボードの中心に持ってくることで、両レール、ノーズ、テールにいくに従って薄くなり、緩やかなドーム型を描いています。これにより超浮力でもボードが傾きやすくクイックなターンを可能にしているのです。

同時に今までの小波用ボードと違い、ロッカーをつけられているので、よりクイックで扱いやすくしています。

さらにはテール部にエレベーターウイングとスプリットスカッシュテールという構造になっていて、後ろ足に荷重した際にターンのきっかけを作りやすくしています。

このように超浮力ボードに様々な最新技術を詰め込んでハイパフォーマンスボードしか乗ったことのないサーファーでも文句がでない運動性能を持たせているのがイージーサーフモデルなのです。
 
・ロングボードからの乗り換えにために作られたモデル
そのイージーサーフモデルのなかで、実はメイヘムがロングボードからの乗り換えのため作ったモデルがあるのです。

『PLACEBO RE-LOADED』です。
復活組と呼ばれる若い頃やっていたサーフィンを何年振りかでまた始めたいと考えているおじさんサーファーと、ロングボードからショートボードに乗り換えを考えている方のために作られたモデルで、やはり超浮力のボードに最新技術が詰まっています。
サイズは6’2の45’5clと6’4の49.0clの2サイズで超浮力ボードの長い版といった感じです。
イージーサーフモデルの中でも最も長く、最もボリュームがあります。その効果でテイクオフは異常に早く、直進性も強く、小波でも沈まず加速します。

さらに丸みのあるノーズがより安定したサーフィンを約束します。それでいてレールは薄くしているためスムーズなターンが可能です。

また、テールにはトリプルウイングとロケットテールで、テール幅が極端に狭まっているため、長さを感じさせないコントロール性能を持っています。
ロングボーダーでも安心の長さとボリュームで、しっかりとショートの動きができる。それが『RE-LOADED』なのです。
 

サーフボードのサイズの選び方

 
ロングボードから安心して乗り換えられる、おすすめのショートボードを紹介したところで、サーフボードのサイズの選び方について触れていこと思います。
 
・CL値を基にしたボード選び
さきほどディメンションのところで少し触れましたが、CL値はボードの体積を表す数値で、この数値一つでボード全体のイメージかかなり掴めるので非常に便利です。
ただ、CL値だけでボードを決めるのは失敗する危険を伴います。なぜならショートボードは同じCL値でもアウトラインによっては安定感があるけど動きが重かったり、逆によく動くけど安定感がなかったりするからです。
また、CL値を多くして乗った方が調子が出るモデルや、その逆でCL値を絞った方が調子が出るモデルもあります。

まず、モデルを決めてそのモデルのCL値でサイズ展開をみて自分に合うもの探すのがいいでしょう。ラヴサーフの場合は全てのボードに適正体重が記載されているので参考にしていただければわかりやすいと思います。
 
どのモデルのどのCL値に乗って、調子はどうだったかというのは次にボードを買う際に非常に参考になるので覚えておくことをおすすめします。
 
・体型に合わせたボード選び
体型によってもモデルの向き不向きがあります。ラヴサーフでは全てのボードに適正体重が記載されていますが、同じ体重でも背が高くて細い方と背が低くて太い方とがいます。背の高さが違うと単純に考えてもスタンスの広さが違ってくるので、体型に合わせて背の高い細い方は長めで細めのモデル。背が低く太めの方は短めで幅厚みのあるモデルが向いているとされます。
 
・レベルを考慮したボード選び
数多くのモデルは上級者向けであったり、初心者向けであったり、推奨されるサーフィンのレベルがあります。それは単純に言えばCL値の違いです。上級者は波の力と自分の体重を最大限に使ってロスなくスピードがつけられため推力が強く、少ない浮力でも沈みません。逆に初級者はボードが加速する感覚を掴むためにも浮力に助けてもらいながら練習する方が上達が早いのです。
 
同じモデルで考えるのであれば、CL値の大小をレベルと体重に合わせて考慮すればいいのですが、先ほど少しご説明したようにCL値を絞った方がいいモデルやCL値を多めにして乗った方がいいモデルがあります。

例えば運動性能を極限まで上げるために余分な部分をカットしたハイパフォーマンスモデルに必要以上にCL値を足してしまったらモデルのバランスが崩れます。また、小波用にもともと高浮力に設定されているモデルのボリュームが不要だからと絞ってしまいますとモデルの特性が消えます。
例外もありますが、そのモデルのサイズラインナップを見て全体的にCL値が少なければ上級者向け、多ければ初級者でも乗れるモデルということが言えます。
 
 
ここまでサーフボード選びについて触れてきましたが、ロングボードから乗り換える際はまずは『RE-LOADED』がおすすめですが、それ以外のモデルを選ぶ際は、サイズラインナップ全体のCL値が多いモデルで、さらに表記されている適正体重から1サイズか2サイズは大きいものを選んでください。例えそれでも最近のボードはしっかり動くので安心してください。

ボードが決まったら、ショート専用のフィン、リーシュ、ウェット等を揃えて準備完了です。
 

ロングからショートに乗り換えるための心構え

 
道具が揃ったらいざ乗り換えですが、海に入る前に乗り換えるための心構えを確認しましょう。
 
・ロングボードとショートボードは違うスポーツ
ここまで幾度となく触れてきましたが、ロングボードとショートボードは全く違うスポーツです。ロングボードでの経験や知識はほぼ使えません。それどころかショートではマイナスに作用するロングの癖等もあるので、完全に0からスタートする気持ちの方がうまくいきます。
 
・ショート上達のためロングは封印
ショートボードが早く上達したかったら、ロングボードは完全に封印しましょう。
「波の状況によってはロングにも乗る」と言っているとどうしても乗り慣れたロングボードに頼ってしもうものです。
改めて言いますが、いくらロングに乗ってもショートは上達しないのです。例えショートでは全く波に乗れない日でも、ショートでパドリングしていれば、ロングに乗るよりよっぽど有意義なのです。
 
・体全体を使って軽快に動くイメージ作り
ロングとの一番の違いと言っていいのが、体全体を使った軽快なライディングです。これはショートボーダーの映像等を視てしっかりとイメージしておくことが重要です。映像を視るだけではなくてしっかりと頭の中でイメージしてください。そうすることでライダーが自分に代わり、イメージが強く残ります。
あまりイメージが先行しすぎても良くないという意見もありますが、まずはしっかりイメージしないとロングのゆったりライディングからは、なかなか抜け出せないのです。
 

陸上でできる効果的なトレーニング

 
例え海の近くに住んでいても、毎日海に入れるという人は少ないと思います。
ましてや海から離れたところにお住いの場合は週1回か2回が限界という人ばかりだと思います。
そういった方がロングからショートへスムーズな乗り換えるためには陸上トレーニングも重要になってきます。
ここからは陸上トレーニングの一例をご紹介したいと思います。
 
・効果的な筋力トレーニング
ロングとは使う筋肉が違うという話をご紹介しましたが、筋トレで補うことでスムーズにショートボードに移行することができ、さらには上達も早めます。

まずは、パドル力を鍛えるためのゴムチューブトレーニングです。ゴムチューブを扉や取手にかけてパドリングする動きで引っ張るトレーニングです。
ゴムチューブのトレーニングは実際の動きに近づけるとより効果があるので、可能であれば台等の上で腹ばいになって引っ張ると効果的です。
 
次は腕立て伏せです。誰もが知っているポピュラーな筋トレですが、この動きはテイクオフとドルフィンスルーでボードを沈める動きと合致します。しっかり鍛えることでテイクオフを素早くし、ドルフィンスルーの成功率を上げます。
 
次は背筋です。ショートボードはパドリング時に胸を張れるだけ張っていないと、パドリングもテイクオフも遅くなります。ボードに腹ばいの状態で胸を張るには背筋力と背中の柔軟性が必要です。
背筋は腰を痛めやすいので専用のマシンやベンチでのトレーニングをおすすめしますが、ない場合はなるべく腰に負担がかからないように気をつけてください。また、背筋は同時に腹筋もトレーニングしないとバランスが崩れてしまうので、同時に腹筋もやりましょう。
<写真>
次はスクワットです。これもポピュラーな筋トレですが、サーフィンのスタンスをイメージしながら、膝が前に出ないように、背中をまっすぐにしたまま腰を落としていく感じです。腰を落としていくと、あるところで体がピタッと安定して、全体重がしっかり足の裏に伝わって、さらには次の動きにすぐ移れそうな不思議なポジションがあるのでそこを意識しながらスクワットするととても効果的です。太腿よりもお尻の筋肉を意識するとうまくいきます。
 
あえてここでは回数やセット数の指定はしません。無理なく継続していくことの方が重要だからです。体を壊してしまっては元も子もありません。
 
・心肺機能を向上させるためのジョギング
前にショートは400mダッシュと表現したように心肺も駆使します。いい波でロングライドすると息が上がってしまうことも多々あります。
突然、心肺に大きな負担をかけるのは危険を伴うので心肺機能向上させる必要があります。有酸素運動の代表はやはりジョギングです。
しかし気をつけないとジョギングは筋トレ以上に無理が効いてしまうので、距離と時間を調整しながら負担をかけ過ぎずに進めなくてはいけません。
最近では心拍を計れる腕時計や靴なども有ります。そいったものを利用して安全にジョギングすることをおすすめします。
 
・スケートボード等を使ったイメージトレーニング

イメージづくりが重要だという話はすでにしましたが、スケートボードを使って体の動きを確認しながらライディングのイメージをさらに固めることができます。ここで勘違いしてはいけないのがスケートボードを動かすことが目標ではないということです。最近のサーフィン練習用のスケートボードは陸上でも楽しくアクションできるように動きやすくできています。上体の動きだけでも軽快に動いてスピードがついていくので、それが癖づくとサーフィンにとっては悪影響です。あくまでサーフィンをするイメージのためにスケートボードに乗ることが重要なのです。
 
・プールを利用した水中トレーニング
陸上でできるトレーニングで最も効果的と思われるのがプールでのトレーニングです。陸上と言いつつ水中なので当然かもしれません。
特に効果的なのはパドリングとほぼ同じ動きをするクロールです。もちろんバタ足は無しです。
足の間にビート板等を挟むとフォームが崩れにくく、より効果的です。
また、水中ウォーキングは水の抵抗で全身のインナーマッスルが鍛えられるので同じく全身運動のサーフィンにはもってこいのトレーニングです。
最近ではフィットネスクラブだけではなく自治体による公営の温水プールも増えたので調べてみると意外と近所の中学校の屋内プールが解放されていたりします。ぜひ利用しましょう。
 
・柔軟な体を作るためのストレッチ
ショートボードをやる上で柔軟な体は作ることは重要です。柔軟な体は間接の可動域を増やし、そこにうまくインナーマッスルをつけられれば筋肉の可動範囲を増やすことができるのです。一般的にいう柔らかい筋肉です。柔らかい筋肉は無理な体勢でもボードがコントロールできたり、アクション自体を大きな動きにしたりと、いいこと尽くめです。
 
まず、触れておきたいのは、ここでいうストレッチはどちらかといえば運動後にするもので運動前にするのは準備体操だということです。準備体操はウォームアップで体を温めて激しい運動の準備をするもので、それに対しストレッチはクールダウンで熱くなった筋肉の熱を収めていく効果があるのです。
運動後は筋破壊がおき、筋肉が収縮して乳酸がたまります。その乳酸が筋疲労の原因なのですが、ストレッチで筋肉をしっかり伸ばすことで乳酸を抜けやすくできるのです。筋疲労を放っておくと筋肉痛はもちろんですが、腰痛や肩が上がらないといった症状にもつながります。
運動前にしっかり体を伸ばした方がいいと思われている方も多いと思いますが、しっかり伸ばした方がいいのはむしろ運動後で、さらにいえば日頃から伸ばしておくべきなのです。日頃ストレッチをしない方が運動前に無理に筋肉を伸ばすと、それが原因で筋肉を傷めるケースもあるのです。
 
日頃のストレッチにおいては筋疲労を取ると同時に関節を柔らかくする目的もあります。特に股関節のストレッチは重要です。
股関節は脚を使う多くの運動において一番重要な関節になります。サーフィンも例外ではなく、柔らかい股関節はアクションを大きくし、さらに踏ん張りを強くするのでアクションのメイク率を上げます。そしてバランスを崩すことが減って怪我の予防にもなります。
<写真>
股関節のストレッチは広く知れ渡っている、座って足の裏と足の裏をくっつけて抱えるように引き寄せ、膝を地面につける。可能であればそこから前屈していく方法がいいです。
または仰向けに寝て、片足ずつ膝を持って胸に引き寄せ、足の付け根の筋を360度伸ばすイメージで膝を左右に動かすのも効果的です。
 
股関節とつながっていますが、腰周りを柔らかくしておくことも重要です。
腰が柔らかいとパドリング時に胸が張れてパドリングスピードが上がり、同時にテイクオフスピードも上がります。そうすると必然的にライディングスピードも上がるのです。また、ターン時の腰の粘りが強くなり、力のあるターンニングを可能にします。
腰のストレッチは反ったり回したりひねったりとあるのですが、個人個人腰に抱えている症状によって良し悪しがあったりするので、どれがいいのか一概には言えません。ただ、無理をせず、痛みが出るようなストレッチは避けるべきでしょう。勢いをつけずに心地よく伸ばせているくらいの動きを続けるのがいいと思います。
 
あとは肩です。なんだかんだ言ってもよっぽど特殊なポイントにでも行かない限りはサーフィンにおいてパドリングの時間が一番長いです。したがって肩のストレッチは疲労の回復を早めるのと、肩関節を柔らかくするうえで重要です。
肩の関節が柔らかいと、パドリング時の腕の回転がスムーズになり少ない力でパドリングできるようになります。当然パドリングのスピードも上がります。
<写真>
肩のストレッチはこれもよく知られている形ですが、手を上げて背中を触るように肘を曲げ、反対の手で肘を引き寄せる。また、肘を伸ばした状態で腕を胸の前に持ってきて、反対の手で引き寄せる。どちらも肩の筋肉がしっかり伸びていることを確認しながらやりましょう。
 
筋肉のつき方、筋肉の使い方は千差万別です。ご自分で調べながら、ご自分にあった無理なくできるストレッチコースを作っていくのがベストです。場合によってはインストラクターや理学療法士などの専門家に相談するのもいいと思います。それほどストレッチは重要なのです。
 
・必要な場合は減量も
ここからは人によっては苦しい減量についてです。
肥満体型の方はショートボードに乗れないわけではありませんが、ショートらしい激しいアクションはどうしても難しいです。サーフィンはどういう風に波に乗っても自由かもしれませんが、せっかくショートに乗るからにはショートらしいアクションをしたいと考えるなら適正体重に近づけなくてはです。
減量方法はそれこそ様々です。炭水化物、糖質、アルコールを減らすというのはよく聞きますが、ご自分にあった効果的なもの探されるといいと思います。
 
 
ここまで上げてきた陸上トレーニングですが、読んだだけだと大変なことをしなくてはいけないと思う方もいらっしゃるかもしれません。大変なことをする必要はありません。マイペースに継続してトレーニングすることがショートボードの上達を早めます。
ショートボーダーらしい広背筋や大胸筋、大腿筋は努力してつけていくものかもしれませんが、どちらかと言えば徐々に備わっていくものと言った方が正しいです。
誰しもがいいサーフィンをしたいので、頑張ってパドルするし、転ばないように踏ん張ります。そしてもっといいサーフィンをするために、もっと頑張ろうとして自然と筋肉を酷使するものです。陸上トレーニングはあくまでそれの補助なのです。
 

ショートボードでのサーフィンのコツ

 
ここからはショートボードで実際に海入ってサーフィンをすることを想定して、いくつかの上達のポイントをご紹介したいと思います。
 
・パドリングのポイント
サーフィンはパドリングで始まり、パドリングで終わります。パドリングが強ければ、波に多く乗れてサーフィン全体の上達が早まります。
パドリングのコツとしては先にも触れましたが、余分な力を抜いて軽快に水を掻くことです。もっと細かく言うと腕の力抜いて肩で回すイメージです。そのためにも肩甲骨から肩にかけての筋肉を柔らかくしておくと非常に効果的です。
また、指先から手のひら、肘の角度、回転の軌道までしっかりと意識しましょう。
<写真>
手のひらはお椀型にして水を多く掴めるようしますが、5本の指は閉じれば水の抵抗が増え強く進み、開ければ回転は軽くなります。状況に合わせ手の形を変えていくと効率よくパドリングできます。
<写真>
肘の角度は伸ばせば深くまで手を潜らせることができ、より多くの水を掻けますが、水の抵抗は増えます。肘を曲げれば回転は軽くなりますが、進みは遅くなります。これは体型や乗っているボード、潮流等でも変わるのでどれがベストかは一概に言えませんが、深く入れて浅く出すイメージだとうまくいくケースが多いです。
<写真>
そして、回転の軌道は重要です。基本的に人間は腕を回すより、腕で押したり引っ張ったりする方が力を出しやすいため、手が水の中に入ってからは水を掴んで引き寄せるような軌道を描いた方がパドリングは楽で速くなります。水から外に出たらできる限り効率よく再び水面に戻せるように回すことで軽快なパドルができます。
 
最後に同じパドルでもゲッティングアウト時とテイクオフ時のパドルは違います。それらに関してはこの後でご説明していきます。
 
・ゲッティングアウトのポイント
次はゲッティングアウトのポイントをいくつかご説明します。
海に入る前には最初にゲッティングアウトのコースを見極めましょう。
<写真>
まず波のブレイクの仕方をよく見ます。波が最後まで粘って崩れようとしないところに沖へ向かう流れ、カレントがあります。そのカレントを利用してアウトに出るのですが、風や地形の関係でさらに横の流れも加わったりするのでよく観察する必要があります。さらには波に乗っている人の邪魔にならないようなコース設定も重要になります。
また、ゲッティングアウトの際のパドリングは水の抵抗を減らし気味にして、力を抜いたジョギングのようなパドルをするとアウトが遠くても、体力の消耗を抑えることができます。
 
そして、ショートボードならではと言えるドルフィンスルーについてです。ドルフィンスルーを利用すれば崩れた波をやり過ごすことができ、効率よくアウトに出ることができます。

方法は腕立て伏せの要領でノーズを沈め、その後に四つ這いの状態で足に体重をかけテールを沈め、ボード全体が沈んだら体と一緒に潜り、最後にテールを蹴るとボードが海面に戻ります。
ドルフィンスルーのコツとしては波のくるタイミングを見極めて、しっかりと準備することです。
ノーズ付近に手をついてしっかりとノーズを沈めて波を待ちます。波が近づいてきたらお尻を上げテールを沈め、その流れでボードと一緒に潜ります。最後にテールを蹴るのですが、これは水中でノーズが上に向くようにするためですので全く力はいりません。蹴るというよりは押す感じです。
 
あとは何度も失敗して身体で覚えることです。波のどこが一番力が弱いか、どこにボード潜らせるとスムーズに抜けるか、それらは波によってもボードによっても違います。トッププロでもドルフィン失敗することは当然あります。ですので、初めから完璧を求めるのではなく、少しでも押し戻されないように自分なりに工夫しながら頑張るのが大事です。
 
・テイクオフのポイント
ショートボードのテイクオフは瞬間的なスピードが重要です。
波の角度があって力強くブレイクする場所でセットし、波に押される瞬間にパドルが最高速になるようにタイミングを合わせます。その際のパドルはまさに短距離走です。多く水を掴み力強く、なおかつスムーズでスピーディーな回転でパドルします。ショートボードはロングボードに比べると推力が弱いのでテイクオフの瞬間のスピードが何より重要です。テイクオフで失速すると全体的にスピードに乗り切れないライディングになってしまいます。テイクオフ時にしっかり加速していると全体的にスピードに乗ったライディングになり、スピードがつくと推力で安定感が増し、サーフィンの腕に関係なくボードはコントロールしやすくなります。
 
もう一度ポイントをおさらいすると、テイクオフするポジション、パドルスピードをあげるタイミング、そして素早い動作で立ち上がる。といった感じです。
<写真>
テイクオフのポジションは初速をつけたいので、なるべく波の角度があってパワーがある場所を狙います。テイクオフが特別早いモデルでも、その場所から少しだけ沖にずれて、アウトから余裕をもって狙うといいと思います。
 
パドルは波の崩れ方やスピードをしっかり観察しながら、ボードが押される瞬間にはパドルが最高速になるようにコントールします。パドリングは漕げば当然ボードが動きますので、狙っているポジションからズレてしまうことがあります。それを避けるためにも波をしっかり見ながらスピードをコントロールしていくことが重要です。


あとは素早い動作で立ち上がるだけです。よく耳にするテイクオフの3ステップ、まず両手をボードについて上半身を持ち上げて、その流れで立ち膝の状態までもっていき、最後に立ち上がる。という動きではショートボードは失速してしまいます。イメージとしては2ステップです。両手で上半身を持ち上げて、次の瞬間、立ち膝ではなく中腰でしっかりと体重がボードに伝わっている状態まで持っていきます。これにより一番大事なテイクオフの瞬間のスピードをロスすることなく次の動作につなげるのです。
 
・ライディングのポイント
ショートボードでのライディングにおいて一番重要なことはやはりスピードです。とにかくスピードだけ意識するのであれば、横に突っ走るのが一番速いかもしれません。しかしそうすると波のパワーゾーンから外れてしまい、すぐに失速します。そのために波に合わせてターンの角度や大きさを変えながら、波のパワーゾーンを捉え続けなくてはいけないのです。
その点はロングボードも近いとは思いますが、ロングボードはパワーゾーンから外れて、戻ってという動きなのに対して、ショートボードはパワーゾーン内で鋭角な上下のターンをすることでパワーゾーンから外れることなくスピードに乗り続けることができます。

そのためには頭からつま先まで全身を使うイメージが大切です。スピードに乗ったテイクオフ直後、中腰でしっかり体重をボードに乗せます。失速する前にターン動作を開始します。より体をコンパクトにしてつま先もしくはかかとを意識しながら顔、肩、腰、ボードの流れでターンしていきます。ターン終了のタイミングで一瞬体を伸ばして、ボードから体重を抜くとさらなる加速を得られます。


このようなターンでショートボーダーは加速し続けるのですが、ボードの浮力を利用することも重要です。ボードに体重を乗せてさらにレールを入れながらターンする時にボードはしなりながら波に入り込みます。力を抜くと沈み込んでいたボードが浮力で飛び出すように加速します。その力が派手なトップアクションを可能にするのです。
 
 
しかし、まずはイメージをしっかり固めることが必要です。海に入る前に波を見ながらその波でどんな動きを練習するという目標を立てて、いざ波に乗ったら、速く、強く、大きくという意識で臨みましょう。
 

上達してからのボード選び

 
ライディングのポイントでご説明したようにショートボードは沈ませて、浮き上がる動作が重要になります。そのため、体重、レベル、波のコンディション等によって適性のモデルやサイズが細かく変わってくるのです。
ここでは上達してからのボードの選び方をご紹介するとともに適した乗り換え時期などもご説明していきます。
 
・モデルによる特性
ラヴサーフではショートボードのモデルをパフォーマンス、フリーサーフ、イージーサーフの3つ分類しています。

パフォーマンスモデルというのはプロサーファーが大会に出るものと同じアウトラインで作ったモデルで、ノーズもテールも細くなっていて、レールも薄くなっているものが多いです。大会で得点を稼ぐために低浮力でボードを沈み込ませやすく、鋭角なターンと派手なアクションを可能にします。マイナス面としては当然パドル、テイクオフが遅くなり、安定感がおちるので、パドル中もライディング中も自分でスピードをつける技術が必要になります。

フリーサーフモデルは大会で競うのではなくフリーサーフィンで楽しくアクションするために作られています。アウトラインはノーズが丸かったり、テールが大きかったり、様々なモデルがあります。全体的にはパフォーマンスモデルよりも少し短く、幅広く、厚いものが多いです。これは波のコンディションが悪くても、動かしやすくスピードに乗りやすくしているためで、パフォーマンスモデルに比べると鋭角なターンのクオリティはおちますが、初速が速くクイックに動くモデルが多いので、フリーサーフモデルはアクションの手助けをしてくれるモデル群と言えます。

イージーサーフモデルはその名の通り、楽にサーフィンするためのモデルです。初心者用のモデルやロングからの乗り換えに適したモデルもイージーサーフモデルに分類されます。
全体的に高浮力のボードが多く、パドル、テイクオフ性能に優れ、安定感があって加速しやすく、それでいてしっかり動いてくれます。アクション性能だけを見れば、パフォーマンスモデルやフリーサーフモデルよりも落ちますが、様々な面でサーフィンを手助けしてくれる楽で楽しいモデル群です。
 
 
この3つの分類の中からご自身の方向性にあったものを選びます。
プロにも負けないくらいの完成度の高いアクションを目指しているなら、パフォーマンスモデルで、適正体重より少し大きめのCL値のものを選ぶといいと思います。
どんなコンディションの日でも、コンスタントにアクションを交えた良いサーフィンがしたいならフリーサーフモデルの難しくないモデルを選びましょう。フリーサーフモデルの中には小波専用のアクションボード等、パフォーマンスモデルよりも扱いが難しいものもあったりするので注意が必要です。
上達はしたものの、やはりパドル、テイクオフのスピードが最優先。楽に楽しくサーフィンするならイージーサーフモデルです。テイクオフ性能をあまり落とさずに、運動性能を上げるためCL値を少し抑えたものにしましょう。
 
・素材による特性
現代のサーフボードは素材にも違いがあり、それによって性能も変わってきます。ここでは少し素材の紹介をしたいと思います。

昔から一番ポピュラーな素材といえばポリエステルです。他の素材と比較すると、程よい柔らかさ、程よい軽さ、波に吸い付くような乗り味などが挙げられます。

一方、10年ほど前から急速な進化を続けるEPSですが、軽くて、水に対しての反発力が強い。そして耐久性に優れています。EPSフォームはポリエステルよりキメが細かく空気の粒を多く含んでいます。そのため反発が強く、ターン時に力強くドライブします。
 
最近ではEPSボードがポリエステルボードをしのぎつつあります。理由としては第一に強度です。EPSフォームにエポキシ樹脂のボードはポリエステルボードに比べ5倍から10倍は強度があると言われています。とにかく壊れにくいです。そして、その軽さと反発力による小波性能です。小波でも軽くターンができて、さらに反発力で小さいターンでも強くドライブするのでプロサーファーの間でも小波の大会ではEPSが主流になっています。
とはいってもいまだにポリエステルに乗り続けている人も多数いらっしゃいます。特に波が大きい日やコンディションのいい日は硬いフェイスでも、波に吸い付いてレールをセットしやすいポリエステルボードがいいようです。
この素材の違いに関しては用途を考慮した上で、気に入った方を選んでも全く問題ないと思います。
 
また、最近よく見かけるようになったカーボンの効果についてもご説明したいと思います。

カーボンは繊維としてボードに蒸着させることでボードの強度を上げます。また、バンドとしてボードに貼ることによってボードの剛性を強め、ねじれやバタつきを抑えます。また、カーボンバンドはボードがしなってから元の形に戻る際の反発を強めます。これにより強い加速を得られます。
カーボンは単なる模様ではなく全て意味があるので、それも理解しておくとボード選びの際の参考になると思います。
 
 
ここまで読んでいただいておわかりかと思いますが、ショートボードは目的とする波や目標とするライディングによってボードが変わってきます。つまり状況に合わせボードを使い分けることができるのです。実際ほとんどのショートボーダーはボードを2本以上持って海に行っています。メインボードと小波用、メインボードと大波用、ビーチブレイク用とリーフブレイク用などなどです。まるでゴルフクラブのようにボードを使い分けることができるのもショートボードならではの楽しみと言えるでしょう。
 
・乗り換え時期について
さて、それではいつ頃がボードを買い換える時期として適正なのでしょうか。
ロングボードからの乗り換えで高浮力の安定したボードで練習していると想定すると、最低限テイクオフをマスターする必要があります。単に立てるということではなく、波のいいポジションから失速することなく立ち上がりスピードに乗ったまま次の動きにつなげられる動作がテイクオフです。少し横に走ってターンの動作ができているくらいの状態が望ましいです。
その状態で浮力を落としたボードに乗り換えると、パドルやテイクオフは多少不安を感じますが、ターンの軽さにびっくりすると思います。
上達するにつれて、難易度の高いモデルも乗りこなせるようになり、より高いレベルのサーフィンを可能にするのもショートボードならではの楽しみです。
 

まとめ

 
ここまでロングボードからショートボードに乗り換えるための知識等を様々な角度からご説明してきましたが、最後にわかりやすくまとめたいと思います。
 
・ロングとショートは全く別のスポーツ
歴史的にはロングの別のスポーツとして進化した形がショートであり、ショートがサーフィンの最進化型です。
ロングとショートを比べると乗る波も違うし、パドリングも違うし、ライディングも違います。さらにはボード以外の関連道具まで違ってくるのです。
 
・ショートに乗りたいと思っているならすぐにトライするべき
ショートボードをやってみたいと思っているロングボーダーはすぐに挑戦するべきです。なぜならロングとショートは全く別のスポーツだからです。ロングをいくら練習してもショートは上手くなりません。消耗品でさえ別のものを用意しなくてはいけないので、まさに時間とお金の無駄なのです。
特に上達したらショートに乗ろうと思っている初心者ロングボーダーはすぐに乗り換えることを強くお勧めします。
 
・乗り換えは簡単ではないが、それを助けるための道具、知識、技術がある
ロングとショートは別のスポーツですから、乗り換えはゼロからスタートするのに等しいです。これは簡単なことではありません。
しかし、シェイプ技術の進化によって生まれた、高浮力で安定しているのに運動性能が高い最新ボードやそれを扱うための知識、そして知識から得る技術が助けになり、素晴らしいスタートダッシュがきれると信じています。
 
・ショートボードが乗りこなせるようになった時は感動的
ショートボードは難しいからこそ、日々の小さな進歩でも感動的です。
毎回しっかり目標を定めて練習していけば、波のトップで気持ちいいスプレーを上られる日も遠くありません。

以上で終わりになりますが、ロングからショートへの乗り換えに関してはもちろん、それ以外のことでもサーフィン関係のことであればラヴサーフにご相談ください。みなさんがより良いサーフィンライフをおくれるようスタッフ一同、精一杯ご対応させていただきます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。