サイトメニュー  WEB STORE

毎日更新、ラヴサーフのストアに新規入荷商品をお知らせ

Home > STOREBLOG > HOW TO

HOW TO Archive

練って埋めるだけの優れもの!『Phix Doctor』修理用パテを使った修理方法をご紹介


30分で修理完了!練って埋めるだけの優れもの!
『Phix Doctor』から、修理用ラピッドリペアパティースティックが新登場!
こちらのリペア剤を使っての簡単ですぐにできる、修理方法をご紹介いたします。

こちらが、『Phix Doctor』修理用ラピッドリペアパティースティックです。
粘土のようなリペア剤と小さなサンディングペーパーが付属してます。税込¥1728
IMG_8667

今回はノーズ先端をぶつけてしまって出来たPlaceboを修理します。
この手順はレールの割れ等の他の修理にも応用できます。

修理手順1、サンディングペーパーでキズの周辺を整えます。
塗装の浮きが出ている部分や、弱くなった部分、パテを盛るのに邪魔な部分をサンドペーパーで削りとります。
IMG_8668

修理手順2、パテをカッターで必要な分量を切り落とします。
IMG_9029

修理手順3、カットしたパテを色が一色になるまで良く練り混ぜ合わせます。
IMG_8672

修理手順4、元の形よりも少し大きくなるようにキズの部分に盛りつけます。
はがれ落ちないようにしっかりと押し付けながら行います。
完全硬化後(気温により異なりますがおよそ30分後)を待ちます。
IMG_8675
穴の大きさに切って詰めるだけでOKなので、これだけでも即時に海に入れますが、
今回は、最後にきれいに整える仕上げまで行います。

修理手順5、サンドペーパーを使います。使用したのはTOOLS サンドペーパー¥648
IMG_8676

サンディングによる成形
サンドペーパーで元のノーズの形に削ります。
空研ぎ120番 荒削り

空研ぎ240番 形成

耐水 600番 仕上げ の3種類のサンドペーパーを使用します。
IMG_8679

凹凸を滑らかに削ったら、完成です!
IMG_8690

今回ご紹介した、『Phix Doctor』修理用パテは、エポキシ、ポリエステルどちらもリペア可能です。
練って埋めるだけで、カップやヘラも用意する必要なく雨の日でも混ぜるだけでとっても簡単です!
サーフトリップなどへも1つ持っていると安心ですね!

1

穴の大きさに切って詰て、即時に海に入れる『Phix Doctor』修理用パテ>>こちらからどうぞ!

★全てのリペアー用品一覧は>>こちらからどうぞ!

短時間で!誰でも簡単に行えるリペア方法をご紹介!


本日はこの3点のみで簡単にできるサーフボードのリペアー方法をご紹介いたします!
IMG_6867
使用するのはこの3つのみです!
1、『Phix Doctor』DURA REZN/リペア剤
2、『TOOLS』修理用 サンドペーパー
3、クリアーテープ(ホームセンター等で購入できます)または、透明のビニール等でもOKです。

まずは、キズの箇所をサンドペーパーで削ります。
IMG_6852
続いて、空気に触れない様にするためのクリアーテープをキズが覆える大きさにカットし、
ボードに貼付け用意しておきます。
(テープの粘着面がキズに付かないように2つおりにしています。)そして、
『Phix Doctor』DURA REZN/リペア剤をキズ表面にのせます。
IMG_6855
リペア剤が垂れなくなる位、少し紫外線に当ててから
カットして貼付けておいたテープで空気がふれないようにキズの箇所を覆います。
IMG_6857
紫外線に5分ほど当てて硬化するのを待ちます。
IMG_6859
硬化したらテープを外し、
粗めのサンドペーパーから削っていき最後は耐水ペーパーで仕上げれば
IMG_6860
完成です!!!
IMG_6861

今回のリペアーにかかった時間は30分程度ですので
トリップ先などでも、ちょっとした時間でキズを修理したいときには、
簡単に行える方法ですので、ぜひみなさんもお試しください!

今回、使用したリペアー剤『Phix Doctor』はポリエステルとエポキシ両方に使用できるので、
一つ持っているとどちらの素材のボードにも使え便利です。

また、夜や曇りの日でも作業ができる
>>こちらのUVライトも便利ですのでぜひ活用してみて下さい!

★全ての『リペアー用品』は>>こちらのページに揃っております!

repairgoods

最近いただいた、ユーザーボイスのご紹介!!


みなさま大変お得なシステム『ユーザーボイス』はすでにご存知でしょうか?

uv_01

今日は改めて『ユーザーボイス』の詳細を最近いただいた素晴らしい
『ユーザーボイス』のご紹介とともご説明したいと思います。

uv_02

『ユーザーボイス』とは簡単に言えば、
ご購入いただいた商品を使用したご感想を投稿していただくシステムです。
下記の商品に関しては採用させていただいた方に
WEBストアで利用可能なポイントをプレゼントしています。

uv_03uv_04

uv_05uv_06_150227uv_07

神奈川県横浜市在住りんりんさん

(サーフィン歴 18ヶ月 年)

img_20150522_202113-300x316

使用ボードPlacebo『CONQUEST EL-DIABLO』FLEXLITE-CANDY
ボードサイズ:6’0″ x 20.38” x 2.62″
フィン『FCS ll』PERFORMER NEO GLASS/TRIフィン
使用歴:ボイス投稿時 4時間
週何回サーフィンをしますか:1 回/東浪見~平砂浦
購入店:Luvsurf

感想
LAYZ ORCAで猛練習しステップアップでEL-DIABLOを購入しました。
予想以上にテイクオフが早く安定感があり女性でも扱いやすい板ですね。
LAYZ ORCAは5’8と極端に短かかったのですが
6’0のEL-DIABLOは長いと感じさせないアウトラインですね。
パドルもテイクオフも楽にできるのは流石メイヘムシェイプ。
私の弱いパドルでもどんどん前に進みました。
もっと早く乗ってればよかったと思います!
ファンボードを卒業しショートボーダーとして頑張ります。
とにかく何よりも楽しめる板だと確信しました!
24’sコメント
ファンボードからショートボードへ華麗に転向した、
レディースサーファーさんからの嬉しいユーザーボイスが届きました。
選んで頂いたボードはLOSTで爆発的人気を誇りPLACEBOでも発売になった、
パドルとテイクオフのしやすさと早さに特化してメイヘムが
日本の波質に合うようにシェイプ&デザインをしてくれた
『CONQUEST EL-DIABLO』です。
なのでパドルが弱い方でも最大限に推進力へ変換してパドルがすすみます。
ボードの美しいアウトラインからも乗りやすさを感じられるショートボードですよね。
りんりんさん、PLACEBO『CONQUEST EL-DIABLO』モデルで楽しんで上達されてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは「りんりんさん」からいただいた素晴らしい『ユーザーボイス』です。
「りんりんさん」ありがとうございます。
このように採用させていただいた『ユーザーボイス』
西井プロのコメントをお付けして掲載いたします。

『ユーザーボイス』により西井プロをはじめ我々スタッフはみなさまの生の声を聞くことができ、
投稿いただいた方はポイントをゲットでき、
新たに購入を検討中の方はその『ユーザーボイス』を参考にできる。という具合に良い事ばかりです。

難しい事はありません。使用した感想を写真と一緒に送っていただくだけで、
ポイントゲットのチャンスです。
ぜひ、みなさまお試しください!!

★ユーザーボイス投稿は>>こちらからどうぞ!!

★LOSTユーザーボイス一覧は>>こちらからどうぞ!!

★Placeboユーザーボイス一覧は>>こちらからどうぞ!!

 

ブッシュを交換してLOSTサーフスケートを楽しんでみてはいかがでしょうか?


本日は、LOSTサーフスケートをさらにハイパフォーマンスを可能にする
『ブッシュ』交換の手順をご紹介します!

今回ご紹介するブッシュは、『VENOM』ブッシュ/90A/レッド
ランプやボウルでのライディングでも安心の硬さのブッシュです。
venom90

では、ブッシュの交換の仕方をご説明します!
今回使用するものは、こちらの便利ツール!
組み立てからメンテナンスまでコレ1つでOKな『スケートボードレンチ』
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはスケートボードのトラックを外します。
こちらのビスを取り外していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このようにツールレンチに付属してるプラスのドライバーと
ツールを使って外していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トラックを取り外し、次に
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブッシュが止まっているキングピンボルトを外します↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全て取り外すと、ご覧のようなパーツに分かれます↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に新しいブッシュを装着していきます!
まず、大きいカップワッシャー(黒い受け皿)を先に入れ、
新しいブッシュ(太さが均一のほう)を、入れます↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次にトラックと上のブッシュをのせ、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の小さいカップワッシャー(黒い受け皿)をおき、
キングピンボルトを差し込みます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にこのナットを締め固定します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

固定するときはこのようにナットを手で抑えながらやると
固定しやすいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでブッシュの交換は完成です!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にスケートボードに取付け、後はすべるだけです!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらの『VENOM』ブッシュは高品質のウレタンを使用し
反発を強く感じることができるので、ターン時にも素早い動きを可能にし、
またバランスを崩したときのリカバリー性能もよくなります!

是非みなさんもブッシュを交換して楽しんでみてはいかがでしょうか?

★『VENOM』ブッシュ/90A/レッド >>こちらからどうぞ

★『スケートボードレンチ』 >>こちらからどうぞ

『LOST SURFSKATES』解説付きムービー!


NEWモデルが入荷して、ますます人気のLOST SURFSKATES!

本日は『LOST SURFSKATES』販売元のKIMMY’Zさんから、
解説付きのHOW TO ムービーが届きましたので皆さまへご紹介をさせていただきます!

本日は、こちらのモデル
乗り味一番のオールラウンダー『UBER PLUNK』をご紹介です。

LOST サーフボード『UBER PLUNK』でのバックサイドをイメージした
ボトムターンとアップスダウンの体重移動トレーニングに最適です!

レールを入れすぎて減速してしまう人に特にオススメの練習で、
徐々に踵側へ体重移動することでスムーズなターンができるようになります。

コロヘ・アンディーノのライディングと比較して見ることができて、
腕の向きと膝の動きも参考になります。

バックサイドの波をイメージしながらアップスダウンのトレーニング。
大きい屈伸運動と上半身の動きが重要★

ロストサーフスケートで正しい体重移動を練習すれば
サーフィンにも良い影響がでてくること間違いなしですね!

こちらのムービー、解説付きなので細かい動きなどが
とても分かりやすくて参考になります!

LOSTサーフスケートムービー↓こちらからご覧下さい☆

★『LOST SURFSKATES』UBER PLUNK 詳細ページは>>こちら
★『LOST SURFSKATES』各モデル 詳細・ご購入は>>こちら

Home > STOREBLOG > HOW TO

PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録