サイトメニュー  WEB STORE

毎日更新、ラヴサーフのストアに新規入荷商品をお知らせ

Home > STOREBLOG > スタッフユウジのボードレポート

スタッフユウジのボードレポート Archive

千葉北サンライズの波と『SUB-DRIVER』のレポート!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。

先日、千葉北サンライズに行き、改めて『SUB-DRIVER』に乗ってきましたので、
そのレポートをご紹介したいと思います。

この日のサンライズですがサイズはハラ前後で、ゆるい北東風が吹いていました。
いつも良い波がわれている右堤防付近はインサイドよりの力ないシャパシャパの波。
今日もダメなのかなと思って周りを見回すと、中央に人だかり

ここに砂がついたのか、ウネリの向きと潮回りの関係かわかりませんが
ライトに2アクションはコンスタントに入る波がわれていたので、ここに決めました。
さて、そこで『SUB-DRIVER』です。

前回同様、パドルとテイクオフは決して楽な訳ではないですが、
スムーズといった言葉が合っています。スルスルと滑るように進んで行きます。
特にテイクオフに関しては波を捕まえて反応するのが早いです。
波の力がダイレクトにボードに伝わってくる感じです。

そして前回は調子が出せなかったライディングですが、今回は少し調子が出せました。
『SUB-DRIVER』はコシくらいの波でもフェイスがあればガンガン走ります。
ターンも加速も驚くほど軽く、まるで羽根の上に乗っているようでした。
名前の通りドライブ性能の非常に高い『DRIVER』を短く調整し、

コンケーブをシングル〜ダブル〜スパイラルVEEにして
小波でもスムーズにターンできるようにしたのが『SUB-DRIVER』です。
そのためターンと加速性能が高いことはある程度予測していましたが、
実際に乗るとそのバランスの良さは圧巻です。とにかくターンで失速しにくいです。
しかしながら波がトロくなるといっきに失速します。
その辺はボリュームも少なめなので仕方ないのですが、
加速性能が高いので波のピーキーな部分を狙った方が調子が良さそうです。
だいぶ調子が出せてきたので、次回はできればもうちょっとサイズがある波で
トップアクション等の性能を試したいと思います。

こんなことできたら必ずご報告します!
みなさま、よろしくお願いします!

★LOST 『SUB-DRIVER』のご購入は>>こちら!!

★LOST 『SUB-DRIVER』のモデル解説は>>こちら!!

ニューボード『SUB-DRIVER』と片貝の波情報!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
久しぶりのブログになりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?僕は元気です。
先日、ずっと欲しかった『SUB-DRIVER』をとうとう手に入れましたので、
今日は波情報と共にその使用レポートをご紹介したいと思います。

この日は片貝漁港で入りました。風は弱めの北東でサイズはたまのセットでアタマくらい。
すごくアウトでブレイクし始めて、ショルダーは張らず、
途中でうねりに戻ってしまう最悪のコンディションでした。
新堤の方が良さそうだったのですが、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
大河ドラマの撮影で立ち入り禁止でした。

そこでしょうがなく漁港で入ったのですが、ショートボードにはなかなか厳しいコンディションでした。
そんな中、ニューボードの初乗りです。

『SUB-DRIVER』Pro-formanceのプロディメンションの5’9です。
しばらくCARBON WRAPがメインボードだったので、久々にPOLYに乗りたくなったというのと、
Pro-formanceシリーズの評判がとてもいいので購入を決意しました。

この日、使ってみた感想を率直にいうと、わからなかったというのが一番近いです。
とにかく走れる波が全くなくて、幅広いコンディションで使えるフリーサーフ系のモデルならば、
こんなコンディションでもできました的なレポートができるのですが、
『SUB-DRIVER』はハイパフォーマンスモデルなのでさすがに走れるフェイスがないと良さが出せません。
わかったのはパドルの性能とテイクオフ性能とプルアウト時のターン性能ぐらいです。

パドルに関しては今まで乗っていた『V3-STEALTH』が26.5clなのに対し
今回の『SUB-DRIVER』は25.8clなのでその分パドルはきついかと思いましたが、
長さが5’7から5’9で2インチ長いので推力が増して、ほぼ変わらない感覚でパドルできました。

当然パドルで楽できるモデルではないのですが、ボードのバランスがいいのか、
思ってたよりもキツイ感じはなかったです。

テイクオフに関してはむしろ早くて安定しているイメージです。
これは長さの違いによる効果、素材による違い、
アウトラインやロッカーのバランスなど様々な可能性が考えられますが、

とにかく安定してます。ノーズから波に食い込んでいく感じで、
最後の1掻きを必要とせずに滑り出し、立ち上がれます。

ターン性能に関してはいろいろ試したかったのですが、プルアウトしかできなかったので、
それを参考にすると、これはビックリするくらい鋭角にスピーディーに回ります。

これは細めのテールやボトムに仕込まれたVEEなどが関係していると思います。
とにかくスピードをロスすることなく直角にきれいにプルアウト出来ました。
コンディションにあまり左右されずにクイックなターンを決められるフリーサーフモデルと
波のクリティカルな部分で鋭角でクオリティーの高いターンができる
ハイパフォーマンスモデルという違いがあるので、
次回はこの『SUB-DRIVER』のターン性能に注目しながら、
もうちょっといい波に乗りたいと思ってます。
それでは近日中に続報を打ちたいと思いますので、よろしくお願いします!

 

★LOST  SUB-DRIVERのモデル解説は>>こちらから!!

★LOST  SUB-DRIVERのご購入は>>こちらから!!

片貝新堤の波とニューウェットスーツのリポート!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。

久々の波レポになりますが、
先日片貝新堤に行ってまいりましたので、
その時の波とつい最近手に入れたニューウェットスーツの
使用レポートをご紹介したいと思います。

この日の新堤ですが、サイズはムネ程度で風は北東が中くらいでした。

アウトからのSETは乗ったらすぐにミドルセクションでうねりに戻ってしまうので、
インサイドの波中心にやりましたが、切れ目の少ないワイドブレイクで
速いかトロイかを選ぶような、よくあるいまいちコンディションでした。

こんな日は愛用するV-3 STEALTHの初速の速さが光ります。
ワイドなポジションでもワンアクションはなんとか決まります。

そして今日ご紹介したいのは、最近手に入れたニューウェットスーツ。

ANCHORの『WARM CAVE』です。
こちらの写真はイマイチなので

前日にお店で撮影したものです。
いわゆるフロントジップのライトドライという種類のスーツになるのですが、
今まで冬はセミドライしか着たことなかったので初体験です。

まず率直な感想としては、すごい!の一言です。真冬用スーツの新時代ですね。

今まで真冬用のセミドライは保温性能の高いものにすれば、
当然厚く重くなるものでしたが、この『WARM CAVE』
全身ジャージで肩袖は3mm、それ以外は4mmなので、まず圧倒的に軽いです。

また、肩袖以外は最高級生地のLuftex-αを使用しているので、
非常に柔らかいうえに保温もしっかりしてくれます。

セミドライより薄くても寒くない理由は防水性能です。

ハイパーネックが首からの浸水を防ぎ、

フロントジップはストレッチコイルファスナーで水が侵入しないのに軽くて柔らかい。
手首、足首も程よく締まっていて高い防水性能を発揮してくれます。
かと言ってドライスーツのように完全防水ではないので、
程よく水が入っては抜けます。わずかなので、セミドライの浸水のように
寒さを感じるものではなく、むしろ窮屈ではない快適さを感じます。

僕は毎年冬でも千葉北に入りますが、これからはこの『WARM CAVE』ですね。
5mmのセミドライよりあたたかいのに、軽くて柔らかくて運動性能が高い。
夢のようなライトドライスーツです。

まだ、ドライ系のスーツに抵抗がある方も多くいらっしゃると思いますが、
この『WARM CAVE』は抵抗無く着れて、あたたかく、
快適にサーフィンできますよ。
さすがにオーダーすると今冬には間に合いませんが、
来冬は『WARM CAVE』で決まりです!
また、ALL3mmでよりライトに作ることも可能ですので、
そちらでしたら今オーダーすれば春から初夏と充分使えますよ!
皆さんにも是非お試しいただきたいです!

それでは、また新商品情報などお伝していきたいと思います。
よろしくお願い致します。

☆ANCHOR『WARM CAVE』の詳細は>>こちら!!

☆LOST『V3-STEALTH』のご購入は>>こちら!!

FLEXLITE-HYPER継続販売記念!『新旧PLACEBO徹底比較』


みなさまこんにちは。スタッフのユウジです。

今日は波レポではないのですが、
2017年に発売されたPLACEBOの
『FLEXLITE-HYPER』の2018年継続が決まったので、
ここで改めて1世代前の『FLEXLITE-BOOST』と比較しながら
その性能を細かく紹介していきたいと思います。

さて早速ですが、2つのボード並べました。
ぱっと見は同じボードのようですが、
左は2017年のニューモデル『FLEXLITE-HYPER』仕様の『EL-DIABLO PLUS』
右は1世代前の『FLEXLITE-BOOST』仕様の『CONQUEST EL-DIABLO』
サイズは2本とも5’10″です。

『EL-DIABLO PLUS』『CONQUEST EL-DIABLO』
エレベーターウイングと2チャンネルを加えて、
加速と運動性能を大幅にプラスしたモデルです。

そのためノーズロッカーやアウトラインを比較しても
大きな違いはありませんが、テールを比べるとかなり違いがあります。

チャンネルはもちろんですが、テールの幅やボリュームが小さくなっているのがわかります。
これだけでも運動性能が大きく違うのが頷けます。
しかし、今日は仕様の比較ですので、
モデルの比較はこのくらいにしておいて次に進みます。

HYPERとBOOSTの2つを比較するとまず目につくのは
ボトムのカーボンの違いだと思います。

HYPERはBOOSTに比べ太いカーボンが直線的に2本入っています。
これによりHYPERはBOOSTよりもノーズはクイックにダイレクトに反応し、
テールは柔らかく踏み込めるようになっています。
しかし、カーボンを太くすると反発力が強くなる反面、当然ボード全体が硬くなります。
硬くなってしまってはボードの性能は下がります。
そこでHYPERはボード内部のPVCシートを見直し、
強度はそのままでより柔らかい新しいものに変更しています。

こちらはBOOSTを踏んだ写真です。

そしてこちらはHYPERを踏んだ写真です。
写真では伝わりづらいのですが、明らかにHYPERの方が沈み込んでいます。
踏んだ瞬間の感触も圧倒的にHYPERの方が柔らかかったです。
『FLEXLITE-HYPER』の肝はこの柔らかさと太いカーボンのスプリングバックです。
ターン時に柔らかく沈み込んで強く跳ね返るので、
パワーのない波でもアクションしやすく、
パワフルでフェイスの硬い波でもレールが入りやすいのです。

こちらはだいぶ前に千倉で開かれた試乗会で
ラヴサーフオフィシャルカメラマンの兄に撮ってもらった写真です。
波は小さくブレイクもワイドでしたが、『FLEXLITE-HYPER』の
加速性能と運動性能で何とかワンアクションメイクできました。

少し前に期間限定でPLACEBOの旧モデルを最新の
『FLEXLITE-HYPER』仕様でオーダーできるキャンペーンをやりましたが、

その際にオーダーして『NEW RIPQUEST』や『FISHQUEST ll』を
手に入れたお客様から、モデルもサイズも同じなのに明らかに動きが違う。
最高に調子いい!という声をいただいて僕も確信しました。
『FLEXLITE-HYPER』はPLACEBO史上最高のフレックス性能です!

2018年も継続販売ですので、
少し前のPLACEBOを愛用されている方も、
まだPLACEBOに乗ったことがない方、
PLACEBOをちょっと毛嫌いされている方もぜひお試しいただきたいと思います。
ビックリするフレックス性能ですよ!

それではまた、波レポも含めいい情報がありましたらご紹介してまいります。
よろしくお願いします!

★PLACEBO  EL-DIABLO PLUS  FLEXLITE-HYPERのご購入は>>こちら!!

久々の片貝漁港の波と最新フィンの使用リポート!!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。

先日、千葉北の片貝に行ってきましたので、
今日はその時の波情報と現在愛用している
フィンのご紹介をしたいと思います。

さてこの日ですが、かなり久しぶりに片貝漁港で入りました。
ご存知の方も多いかもしれませんが、漁港は堤防が延びたせいか、
ずっと地形がよくなくて隣の新堤と比べものにならない悪い状態が続いていました。

しかしこの日は向かって左側できれいにブレイクしていました。
地形が良くなったのか、ウネリの関係か、潮の関係かはわかりませんが、
久しぶりに見る光景に少しワクワクしました。

サイズはカタ前後、風は強い北東風で、
実際海に入ると波はわれづらく、
われ始めるとインサイドで速いブレイク。
良くてワンアクションといった感じで、
グッドコンディションとは言えない状況でした。

そして、この日は珍しくLuvsurfオフィシャルカメラマン
の兄と一緒に海にきました。
FU-WAX新商品のSUMMER COOL
愛用する『SUB BUGGY-JP』CWに塗っています。

『SUB BUGGY-JP』はテイル幅があってテイクオフがはやく、
それでいてクイックにターンしてドライブも効きます。
この日のようなダンパーコンディションでも
切れ目から素早く走って、しっかりアクションしていました。

そして僕は『V3-STEALTH』CWです。
初速とクイックターンは負けません。
この日もタイミングが合えば、
テイクオフした瞬間にワンターン入って更に加速、
調子が良ければもうワンアクションといった感じでした。

そして今日改めてご紹介したいのはこのフィンです。
『FT THRUSTER SET』です。
一番のセールスポイントは『軽さ』です。
エポキシ樹脂を使用したこのフィンは、とにかく軽いです。
その軽さによって当然動きも軽くなります。
特に速いセクションでボードを走らせようとした時の
軽い感じの加速は多くの人が体感出来るのではないでしょうか。

基本設計はオーソドックスなテンプレートにベベルエッジで
ドライブが効くようにした非常に使い易いフィンです。
みなさまにもぜひ試していただきたいです。
特にEPSボードとの相性は抜群ですよ!

それではまた近いうちにリポートをご紹介したいと思います。
よろしくお願いします!

★LOST『SUB-BUGGY-JP』の詳細、ご購入は>>こちら!!

★LOST『V3-STEALTH』の詳細、ご購入は>>こちら!!

★FCS ll 『FT THRUSTER SET MEDIUM』の詳細、ご購入は>>こちら!!

Home > STOREBLOG > スタッフユウジのボードレポート

PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録