サイトメニュー  WEB STORE

毎日更新、ラヴサーフのストアに新規入荷商品をお知らせ

Home > STOREBLOG > スタッフユウジのボードレポート

スタッフユウジのボードレポート Archive

千葉南 和田の波とCARBON WRAPの使用レポート!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
久々のレポートになりますが、先日、千葉南の和田浦に行ってまいりましたので、
その波情報とニューボードの使用レポートをご報告したいと思います。

少し離れたところから撮った写真なのでわかりづらいのですが、この日はサイズムネ~カタあるものの、北東の風を横から食らいトップはダラつき、インサイド寄りでワイドにブレイクするコンディションでした。
いいところワンアクションといった感じでしょうか。

そこで登場するのは僕のニューボード『UBER DRIVER』CARBON WRAPです。
Luvsurfに、つい先日ストックボードで入荷したばかりです。
実はこのストックは当初、秋頃入荷予定で、僕は待ちきれずに3月頃にカスタムオーダーしてしまいました。
ところが、入荷する時期がストックとカスタムほとんど同じ時期だったという結果です。

ちなみにサイズはほぼ既成の5’7と同じですが、わずかにふっくらして27.5clです。
さて、早速乗り味ですが、パドル、テイクオフは文句なく早いです。
ハイパフォーマンスボードとは思えない安定感で楽に波を獲れます。

これは『SUB-DRIVER』の洗練されたアウトラインに『SHORT ROUND』の広めのノーズを合わせた奇跡とも言えるバランスが生み出しているものです。スムーズに水面を滑りノーズがしっかりと波を捉えます。
同じ理由で、テイクオフ後の初速も速いです。しかしこのモデルの一番注目すべきはレールの感触です。

センターボリュームがしっかりあって、レールはしっかりと落としてあるので安定しているのにレールが食いつくように入ります。
そのレールワークはハイパフォーマンスボードそのものです。
きわめつけはパフォーマンス素材『CARBON WRAP』です。
驚くほど柔らかくしなりカーボンが強く反発するこの素材は『UBER DRIVER』との相性がピッタリです。
急激なレールワークにも素材がカバーしてくれて失速せず、ボトムターンでテールを踏み込むと瞬間移動するようにトップに登っていきます。トッププロが大会で使うだけのことはあります。
そんなこんなでワンアクションしかできないと思っていたのに、
ライト、レフトとも2から3アクションできてスピードもガンガン出て充分楽しめちゃいました。

これがその日のログデータです。
しかし、僕の横で更に楽しんでいる人がいました。

西井プロです。実はこの日は西井プロと一緒に海に入ったのです。
西井プロは3時間で30本の波に乗り最長距離140m、スピードは23.5kmです。
この日、海にいた誰よりも多く波に乗り、長い距離を乗り、スピードに乗ってました。
まあ、プロサーファーだからしょうがないと思いきや、

実は西井プロがこの日乗っていたは『RETRO RIPPER-JP』CARBON WRAPで、そこに秘密が隠されています。
近々24BLOGで紹介されると思いますが、僕が言えるのはとにかくこの日のコンディションはCARBON WRAPで最高に楽しめたということです。たまたまこの日同じポイントに入っていた昔からのLuvsurfカスタマーのNKGさんは、西井プロと僕が調子よくサーフィンしているのを見て、CARBON WRAPの虜になっていました。おそらく次に買うボードはCARBON WRAPだと思います。
そんな『UBER DRIVER』を含めたCARBON WRAP。新次元の乗り味ですよ!
ぜひ皆様にもお試しいただきたいです。
それでは、また近々レポートをしたいと思います。よろしくお願いします!

LOST『UBER DRIVER』のモデル解説は>>こちら!!

LOST『UBER DRIVER』CARBON WRAPのご購入は>>こちら!

『CARBON WRAP』の素材解説は>>こちら!

千葉北サンライズの波と最新FCS llフィン使用レポート!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
先日千葉北のサンライズに行って参りましたので、その時の波情報と最新のフィンの使用レポートをご紹介したいと思います。

この日のサンライズですが、サイズはカタ~アタマくらいで、風は北西のちに南東ちょっと強め。
向かって右側の堤防よりからのライトはワイドなブレイクで切れ目がなく、

堤防から少し中央にずれたブレイクは形はいいもののライトは乗った瞬間にトロくなって、あまり走れませんでした。
しかしこの波のレフトは切れていて、2〜3アクションが可能ないい波でした。
ところが、潮が引いてしまうとこのブレイクもダンパーになってしまい、動き回りながら切れ目を探して乗る感じになりました。
最終的には予想外の南東サイドオンショアが吹いてしまい、完全に終わりました。

これがこの日のログデータです。
『RIP CURL GPS WATCH』ならこういったデータをご友人同士で共有することもできるし、プロサーファーの公開データを見ることも可能です。

そして、この日乗ったボードは『SUB-DRIVER PRO-FORMANCE』です。レールワークも回転も素早いこのモデルは速い波に合わせやすいです。
以前も触れましたが、やはりトロめの波よりもピーキーな波を得意とするモデルですね。

『SUB-DRIVER』も絶好調ですが、今回注目していただきたいのは発売されたばかりのフィン『FCS ll JW AIRCORE』です。
高いドライブ性能とターン性能でプロ、アマ問わず人気のあったJWフィンを最新素材AIRCOREを使用し超軽量に仕上げたものです。

まず、その軽さには驚きです。以前のものと比べメーカー比較で約20%の軽量化ということで、ボードに取り付けるとボードが軽くなったように感じます。
そして乗り味ですが、AIRCOREはエポキシ樹脂を使用しているので少し固いことを想定していましたが、むしろ柔らかい動きをします。かといって柔らかすぎず、程よい感じの硬度に仕上がっています。また、少し広めのベースで寝ているフィンがスムーズに加速してくれて、ターン時にはベヴェルエッジの効果でスムーズにボードが回り、さらにターン時に失速しづらいのです。

非常に使いやすいフィンでこれからも愛用していこうと決めました。
フィンを変えるだけでサーフィンが大きく変わることもあります。
ぜひみなさまも、『FCS ll JW AIRCORE』をお試しください!
それではまた近いうちに波情報とともに商品の使用レポートをご紹介したいと思います。
よろしくお願いいたします。

★『FCS ll』JW-PC+AirCore MEDIUMのご購入は>>こちら!!

★LOST『SUB-DRIVER』のモデル解説は>>こちら!!

★LOST『SUB-DRIVER』のご購入は>>こちら!!

鴨川マルキの波とPLACEBOニューモデル!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
先日、鴨川マルキにいって参りましたので、その時の波情報とPLACEBOニューモデルの試乗レポートをご報告したいと思います。

この日のマルキですが、サイズはカタ前後。風は北から北東が中くらい吹いてました。
サイズはあり面も綺麗なのですが、早いブレイクが多くエキスパートでも走り抜けるのがやっとという波が中心でした。

それでもたまに来る切れた波の切れ目を掴めれば2〜3アクションは可能なコンディションでした。
そしてこの日は西井プロの撮影に同行する形になったため、撮影用のPLACEBO『ZEKE』5’5を借りることができました。

左がこの日、西井プロが撮影で使ったPLACEBO『DIABLO-X』5’8。右が僕がお借りした『ZEKE』5’5です。

ちなみにフィンセッティングは「KAI SALLAS 6.5」「CARVER QR SIDE S」のシングル+2で試しました。
早速、実際に乗った感想ですが、まず異常にテイクオフが早いです。最強の小波モデルとされてきた『GOBLIN』よりも確実に早いです。それは接水面積を増やしたアウトラインによるものなのか、大きなセンターフィンの効果なのか、もしくはそのどちらもなのか。そこまではわかりませんでしたが確実に早かったです。
そしてこの『ZEKE』の特筆すべき点は強い直進性です。『GOBLIN』は高浮力にも関わらずクイックにターンすることが可能だったので小波でもクイックにスピードがつけられましたが、『ZEKE』は真っ直ぐ進むだけでも加速するような強い直進性を持っています。

これは大きなフィンとロッカー、ロケットテールが関係してると思われます。これによりわずかな体重移動でもグングン加速します。

そしてターン時にはエレベーターウイングが入り込み、大きなフィンがピボットポイントになってスピードに乗ったまま鋭角なターンを可能にしています。
この日のマルキのコンディションとしては、たまに来るカタくらいのアウトのセットが一番いい波だったのですが、波数も少ないのでそれは西井プロに任せて僕はミドルセクションのハラくらいの波を狙いました。インサイドダンパーに近いブレイクで周りの皆さんは乗っても走れずに苦労していましたが、『ZEKE』なら余裕です。
ワンテンポ早いテイクオフから横に走りだし、強い直進性でスープをも乗り越えて、スピードに乗った状態から鋭角にターンをしてアクションも決まる。
とにかく、しっかり楽しめちゃいました。

ちなみにセンターフィンはボックスの真ん中くらいが調子良かったです。
このセンターフィンは後ろ寄りにつけると安定感と直進性が増し、ターン時には強いピボットになります。
逆に前よりにつけると安定感と直進性は減りますが、ルースになり回転性が上がります。
僕の場合、直進性は欲しいけど踏み込む脚力に不安があったので少し前にずらした形です。
これは人それぞれ好みがあると思います。波待ち中でも位置を容易に動かせるので、その場で色々試せます。それもこの『ZEKE』の楽しみの1つですね。
楽しくて、新しいPLACEBO『ZEKE』。小波用ボードを考えてらっしゃる方には特におすすめですよ!
それでは、また近いうちにレポートしたいと思います。よろしくお願いいたします!

★PLACEBO『ZEKE』のモデル解説は>>こちら!!

★PLACEBO『ZEKE』のご購入は>>こちら!!

千葉北片貝の波と最新ブーツ『SOLITE』のレポート!


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
先日、千葉北の片貝新堤に行ってまいりましたので、その波レポートと最新ブーツの使用レポートをお届けしたいと思います。

この日の新堤ですが、サイズはハラ~ムネSETカタくらい。風はほぼ無風でした。
基本的にダンパーが多いのですが、一部トロくなるセクションがあるので、そこでちょうどよくブレイクする波を選べばそこそこ走らせることが可能でした。

特に向かって左の堤防から少し中央にずれた辺りでわれるレフトの波はトロいながらもしっかりショルダーが張って、3~4アクション入るいい波でした。

そして、この日のボードですが、思い切って『SUB-DRIVER』です。
少し波がトロいのが気にはなりましたが、この日くらいサイズがあればしっかり走ってくれます。
走り始めると『SUB-DRIVER』は強いです。とにかくレールが入りやすく、小刻みにターンするとドライブが効いてさらにスピードアップします。
そしてレールが入りやすいので大きなボトムターン、トップターンも非常にスムーズです。特にトップでは不思議なほど軽くボードが回転します。
それはルースなターンとは全く別物で、よく切れるナイフで波のトップをスルスルと切っていくような感じです。
スムーズなのでスピードのロスが少なく最初から最後まで気持ちよくスピードに乗り続けます。
やはり波が多少あるときのハイパフォーマンスボードの動きは格別です。

『RIPCURL GPS WATCH』でのデータはこういった感じです。
一度使うと手放せなくなる超便利グッズですよ。

そして、今日ご紹介するのは熱成形ブーツ『SOLITE』です。

このブーツは沸騰したお湯でブーツのソールを柔らかくし、冷水で粗熱を取ってから足を入れて自分の足の形に成型するという商品なのですが、当然、僕も前もって自分の足の形に合わせてから使用しました。
今までとは違うソール素材なので、足を入れた瞬間は違和感があったのですが、いざ海に入ると水圧の効果も合わさり足にぴったりと張付きます。
ぴったりと張付くことで、ブーツ内で足がズレたり滑ったりということがほとんど無くなります。
また、ピッタリなのでブーツと足の間の隙間が非常に少なく、そこに入り込む水の量も非常に少なくなります。
結果、重くならず、冷えにくいということになります。
初めは半信半疑でしたが、今はこの『SOLITE』のおかげで冬のサーフィンがより快適になりました。

今までのブーツに不満を感じつづけている方は、『SOLITE』を試してみる価値は充分にあると思いますよ。
『SOLITE』は熱湯による火傷等の事故防止のためインターネット販売が禁止の商品ですが、お電話、お問い合わせメールで通販することは可能です。
在庫状況はLuvsurfのWEBストア上『SOLITE』のページに記載されておりますので、ご確認の上、ご連絡いただければ幸いです。
ご興味ある方は、ぜひご利用ください!
それでは、また近日中に波レポとボードやグッズの使用レポートをご紹介したいと思います。
よろしくお願いします!

★LOST『SUB-DRIVER』のモデル解説は>>こちら!

★LOST『SUB-DRIVER』のご購入は>>こちら!

★『SOLITE』サーフブーツのWEBページは>>こちら!

★お問い合わせページ>>こちら!

 

徹底比較!『RNF-REDUX』と『RNF-RETRO』


みなさま、こんにちは。スタッフのユウジです。
前回は『RNF-RETRO』の試乗レポートをご紹介しましたが、最近になってLuvsurfではあるお問い合わせが必然的に増えてます。
それは「RNF-REDUXRETROはどう違うのか?」「REDUXRETROのどちらを買った方がいいか?」「実際に調子がいいのはREDUXRETROどっちか?」といった趣旨のお問い合わせです。
一昨年発売され、ベストセラーになったモデル『RNF-REDUX』と昨年発売され現在も衰えることなく人気が上昇し続けている『RNF-RETRO』は見た目もモデル名も似ているので多くの方が同じような疑問を持たれているのではないかと思います。
そこで今日はこの2つのモデル『RNF-REDUX』『RNF-RETRO』を比較しながらモデルの特性をおさらいしていきたいと思います。

それでは、まず『RNF-REDUX』です。
約25年前のまだ誰しもが細長いハイパフォーマンスボードでサーフィンしていた時代にメイヘムが作り上げた、短く、幅広く、丸っこいフィッシュテールの異質なボード『Round Nose Fish』。
LOSTサーフボードの代名詞とも言えるほどの人気モデルになりフリーサーフィンというもの自体を変えていきました。

その『Round Nose Fish』を現代版にアップデートして作られたのが『RNF-REDUX』です。
ノーズ、テールロッカーをつけ、レールを薄くすることでターンを軽くしています。またボリュームバランスの調整により非常にドライブが効くようにできているので、守備範囲の広いアクションボードに仕上がっています。

一方『RNF-RETRO』ですが、現在サーフィン界では非常に80年代レトロボードが流行っています。
ワイドで平面的なデザインのものが多く、強い直進性と抜けるようなルースなターンが特徴なのですが、このレトロボードに手を加えてハイパフォーマンスボードができないか。と開発されたのが『RNF-RETRO』です。

レトロフィッシュのアウトラインに25年培ってきた『Round Nose Fish』のノウハウと超最先端シェイプ技術を詰め込んで生まれた、新時代のハイパフォーマンスなレトロボードなのです。
さて、それでは早速2つのモデルのアウトラインから比較していきたいと思います。

右がREDUX、左がRETROで、ディメンションは
REDUX 5’5”×19.25×2.32 27.25cl
RETRO 5’3”×20×2.32 28.3cl
長さは当然RETROの方が短く、幅広い訳ですが、数値の差以上に見た目の差は大きいです。
RETROの隣にあるとREDUXはシャープな一般的なショートボードに見えます。特にノーズとテイルの幅の違いはかなり大きいです。

ノーズ、テイルの幅が広いということは接水面積が多く、直進性能と加速性能が高い事がわかります。

逆にノーズ、テイルが絞ってあると鋭く、スピーディーなターンを可能にします。
アウトラインだけで考えるとRETROがやはりレトロボードでREDUXはRNFの特性を持ったハイパフォーマンスボードに見えます。
それを踏まえて次はレールとロッカーを見ていきます。

上がREDUXで下がRETROです。レールの見た目はなぜかRETROの方が薄く見えますが、実際の厚みはほぼ同じです。RETROが薄く見える理由はフラット気味のデッキからレールを一気に薄くしているためです。REDUXは中心が一番厚く、レールに向かってゆっくりと薄くなります。
RETROのレール形状は特徴的で他のモデルにはあまり見受けられません。フラット気味のデッキがレトロボードらしい強い直進性を助長し、レールを一気に薄くする事で鋭角なターンを可能にします。
一方REDUXのレール形状はハイパフォーマンスボードに似ています。ドーム型のデッキはボードを傾けやすく、レールを波に入れやすくします。さらに薄く落としたレールは大きなターンでも鋭角なターンでもコントロールしやすくしてくれます。

同じ写真でロッカーも比べるとノーズロッカーは上のREDUXの方が明らかに反っています。

テールロッカーはさらに大きく違っています。RETROはレトロボードにしては反っていますがとてもゆるいロッカーです。REDUXは初代のRNFと比べてもロッカーをつけています。
単純に考えてロッカーはきつい方がターンの性能が上がり、ゆるいと安定感と直進性能が上がります。
やはりREDUXはハイパフォーマンスよりで、RETROは細工したレトロボードといった感じになってきたところで、次にコンケーブを見ていきたいと思います。
REDUXRETROどちらもシングルコンケーブ〜VEEなのですが、VEEの始まる位置が大きく違います。

写真ではちょっとわかりづらいのですが、REDUXはテール部分、MAYHEMのマークあたりから始まります。

一方、RETROはボード中心から始まります。さらにRETROの方がVEEの盛り上がりが強いです。
VEEが強いとボードは傾きやすくなりターンの性能が上がります。
そしてRETROは写真ではわかりづらいのですが、VEEからレールに向けて薄くなっていき、レールでもう一度厚くなる特殊なレール形状をしています。これにより大きく傾いたボードが失速せずにターンに粘りが出ます。また、ターン時のコントロール性能も上がります。
ここにきてRETROのパフォーマンス性能をあげる細工が色々と出てきましたが、

他にもダブルカットされた大きなフィッシュテール。これは失速せずに鋭角にターンすることを可能にしています。RETROがレトロボードの形をしたハイパフォーマンスボードと言われる訳がそういった細工にあるのです。
しかし、それでもパフォーマンス性能だけ見ればREDUXの方が高いです。

驚くような初速の速さからビッグアクションを可能にした初代RNFを部分的にシャープにしてロッカーをつけ、ウィングをつけたREDUXは初代の特徴を失うことなく、より扱いやすく、お手本のように波を刻むマニューバーも可能にする非常にマルチでハイパフォーマンスなフリーサーフボードなのです。

そして、RETROは初代より初速をさらに早くし、その初速に負けないクイックで安定した粘りのあるターンで波のコンディションに左右されずにアグレッシブなサーフィンを可能にする新時代のフリーサーフボードです。
さて、ここからは2モデルの違いのまとめですが、


メインボードとして1本買うのであれば『RNF-REDUX』をお勧めします。扱いやすく、そのマルチな性能は使い勝手の良さNo.1です。ボード1本しか持っていけないトリップにもお勧めです。


そして、どちらかといえば小波でのサーフィンを重視している方と今まで乗ったことない新時代の乗り味を体験したい方は『RNF-RETRO』です。周りのサーファーがいまいちサーフィンできていないような日でもガンガン走って、ガンガンアクションが決まります。それは本当に今までなかった感触です。
2本とも持っていれば完璧ですが、みなさまも用途に合わせて是非1本ご検討ください!

★LOST『RNF-REDUX』のモデル解説は>>こちら!!

★LOST『RNF-REDUX』のご購入は>>こちら!!

★LOST『RNF-RETRO』のモデル解説は>>こちら!!

★LOST『RNF-RETRO』のご購入は>>こちら!!

★Luvsurfストアブログ『千葉南の波とRNF-RETROの使用レポート!』

 

Home > STOREBLOG > スタッフユウジのボードレポート

PAGE TOP

Copyright © 2009 Las Olas Inc. All Rights Reserved.

ラヴサーフセールバナー
ストア会員登録