RIPQUEST

ストックリスト ユーザーボイス

キレの有るリップを狙え!
リップマスターへの道はこのボードが約束する、CONQUESTの次はこのモデルで!

Hiroki Shirakawa RIPQUEST/ POLY 5'9"

Matt "Mayhem" Biolos RIPQUEST/ POLY 63"

RIPQUEST の性能比較

Lost モデル別性能比較グラフ

RIPQUEST の特徴

・コンクエストで上達した方のリップィング専用ボード!
・テイクオフやパドル性能も維持しながらリップする動きも重視できます。
中級向け。
・膝~頭半サイズ推薦。

サイズラインナップ

『中級者用サイズ』★まだリップがコンスタントにできない方向けです。

サイズ適正体重CL値
5'9" x 19.88" x 2.56"5'9" x 19 7/8" x 2 9/16"(175 x 50.5 x 6.4cm)50~58kg30.61 cl
5'10" x 20.00" x 2.63"5'10" x 20 " x 2 5/8"(178 x 50.8 x 6.7 cm)50~63kg32.93 cl
5'11" x 20.13" x 2.68"5'11" x 20 1/8" x 2 11/16"(180 x 51.1 x 6.8 cm)60~73kg34.37 cl
6'0" x 20.25" x 2.75"6'0" x 20 1/4" x 2 3/4"(183 x 51.4 x 7.0 cm)65~78kg35.87 cl
6'1" x 20.38" x 2.81"6'1" x 20 3/8" x 2 13/16"(185 x 51.7 x 7.13 cm)70~83kg37.4 cl
6'2" x 20.50" x 2.88"6'2" x 20 1/2" x 2 7/8"(188 x 52.0 x 7.3 cm)75~88kg38.96 cl

『上級者用サイズ』★もうすでにコンスタントにリップができる方向けです。

サイズ適正体重CL値
5'9" x 19.63" x 2.25"5'9" x 19 5/8" x 2 1/4"(175 x 49.8 x 5.7 cm)50~58kg27.44 cl
5'10" x19.75" x 2.32"5'10" x 20 " x 2 5/8"(178 x 50.1 x 5.85 cm)55~68kg28.82 cl
5'11" x 19.88" x 2.38 "5'11" x 19 7/8" x 2 3/8"(180 x 50.5 x 6.0 cm)60~73kg30.16 cl
6'0" x 20.00" x 2.44"6'0" x 20 " x 2 7/16"(183 x 50.8 x 6.2 cm)65~78kg31.52 cl
6'1" x 20.13" x 2.50"6'1" x 20 1/8" x 2 1/2"(185 x 51.1 x 6.35 cm)70~83kg32.93 cl
6'2" x 20.25" x 2.63"6'2" x 20 1/4" x 2 5/8"(188 x 51.4 x 6.7 cm)75~88kg35.27 cl

CL値とは?

ストックリスト

プライス

クリアー/FCS社製グラスフレックスフィン5枚付属

POLYESTER¥140,000 税抜
POLYESTER Carbon Tail Patch¥145,000 税抜
*『FCSII』5フィン仕様標準 ※ フィンは、クアッド、トライ、5フィンでも乗れるように、5プラグ搭載/FCS仕様のみ。

カスタムオーダーはこちら

CONQUESTの次はこのモデルで!キレの有るリップを狙え!
コンクエストMARK II
リップクエスト for Japan

35歳以上をターゲットに、日本市場向けにリリースされたコンクエスト。圧倒的なテイクオフ性能と、高い運動性能を武器に、プレセボ版のダブレットを含めて、かつてないほどの大ヒットになりました。ロングをも凌駕するテイクオフ性能により、波を獲って獲って獲りまくり、短い期間で非常に上達することができた、という声も多く寄せられて、わたしたちも大変嬉しく思っています。この成功の要因は、コンクエストの元々のモデルとしてのテンプレートの素晴らしさにあり、単にサイズだけを模倣した類似モデルとの大きな差だということは間違いありません。

そしてコンクエストによって、その技術レベルを大きくステップアップされた方たちから、共通して上がってくるご要望、それは
●もっと上手くなりたい。コンスタントにリップができるようになりたい
●コンクエストのテイクオフ性能はなるべく落とさず、軽々と動かしたい
と、いうものでした。XTRや3Dカーボリックのモデルであれば、コンクエストでもかなり軽く仕上げられます。しかしもっと根本的に、動くボードができないか。コンクエストを卒業したユーザーが次に進むべきモデルはできないか。メイヘムに課題を投げました。

単にリップが簡単なだけなら、Whiplashなどの薄いコンペ用のボードに乗ればいいのです。しかしテイクオフやパドルは相当に犠牲になります。若くて体力があるならいいのですが、35歳以上の場合は仕事も忙しく、海にいける回数も限られるため、こうした板は辛いでしょう。

メイヘムの出した回答は・・・・コンクエストをベースに、なるべくテイクオフ性能、パドル性能は落とさず、浮力を多少削ぐ。ノーズからテールへかけての厚みも削ぎ落とし、レールもコンクエストよりもはっきりと薄くデザイン。コンクエストで定評のあるエレベーターウイングと融合する、スワローテールを採用。このテールを基点に小半径でターンができるように設計されました。フラットロッカーは、技術レベルの高いライダーならばレールを上手く使えるのでリップにも苦はありませんが、そうでない場合は回頭の抵抗があるため、上に上がるのはかなりきつくなります。リップがコンスタントにできるようにするため、ノーズ、テールロッカーとも、微妙なセッティングが必要とされました。

そして・・・ブランクスも特注のものが用意されました。ポリエステルボードにはセンターストリンガーではなく、専用に開発された、ロスト初のポリエステルのパラボリックストリンガーブランクスが採用されたのです。これは2008年の夏、メイヘムが来日した際に、西井が日本で調達した、のポリエステルのパラボリックストリンガーブランクスで試しにシェイプしてもらい、出来上がったボードがまさしくマジック!!。折れたらもったいないと、年数回の特別な波の日にしか使わないほど大切にしています。そのパラボリックストリンガーのポリエステルブランクスに素晴らしいパフォーマンスを感じ、メイヘムに依頼してアメリカで開発してもらった特注品です。XTRよりほどほどの重さとPOLY独特のしなりがあり、ボトムに降りる加速性に秀でます。もちろんXTR 3Dカーボリックで軽く仕上げてもよいのですが、ポリエステルボードが好き! という方のために、プランクスから開発。そこまで徹底したこだわりのリップクエストは、あなたを必ずリップマスターへと導くことでしょう。

・コンクエストで上達した方のリップ専用ボード!
・テイクオフやパドル性能も維持しながらリップする動きも重視できます。
・中級者以上向け
・膝~頭半サイズ推薦。

フォトギャラリー

test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test

©LAS OLAS 掲載してあるすべてのマークや画像、写真、文言を許可なく商用での転用を禁じます。

test test test

©LAS OLAS 掲載してあるすべてのマークや画像、写真、文言を許可なく商用での転用を禁じます。

ストックリスト

ユーザーボイス

東京都大田区在住 HPさん

(38歳・サーフィン歴12年)

使用ボード:RIPQUEST XTR 5.C 3D CARBOLIC
ボードサイズ:6'1" x 20 3/8" x 2 13/16"

StealthのXTR 5.C 3D carbolicを気に入って乗っていたのですが、冬の間、波乗りをさぼっていたため体重が増加してしまい、Stealthでは、ちょっとパドルがきつくなりました。 そ… 続きを読む

ページトップへ