PLACEBO ライディングムービー

← PLACEBO ライディングムービーに戻る

このモデルの詳細ページへ

KOJI NISHII Placebo Surfboard Rocket

西井浩治:使用ボード:PLACEBO 5’5″ ROCKET

サイドオンショアが吹いていて波のフェイスが悪いコンデションの、千葉ビーチブレイクで収録した、Placebo/ROCKETモデルのライディングムービーです。このムービーで見ていただいたい要点は、

*波の面が悪いがボードが短い為、上手く波にフィットしていること。
*短くポイントノーズなので、キレた動きが可能なこと。
*しなり特性を活かして、常にスピードを維持してることです。

もう皆さんにもおなじみになった、Placeboは、フレックスライト構造なので体重の軽い方や、ターン時に加重を上手く出来ない方でも、しならせる事が簡単なので、どんなレベルの方が乗ってもしなりを利用した延びのあるターンが可能です。このライディングムービーの中でも、波が緩慢になってしまうセクションでもボードを踏みつけて加重さえすれば、凄くしなりなっていて、ビュンビュンと前へ前へ加速しているのが確認できます。ROCKETのアウトラインは短いので、キレが良く、テールの幅があるので波に力が無くても、スピードを維持しています。テールの幅が広くてもこれだけのキレの有る動きが可能なのは、テールに角が有る為にコントロールすることが出来るからです。なんと言ってもプレセボはしなりが良いのでボードの反応がとても良く、キレた早い動きで、西井プロのリップもいつもよりボードの角度が縦に簡単に上がっていますね。小波はもちろん得意とするこのモデルですがこのムービーのような胸アベレージのコンデションでも調子良く乗れます。是非皆さんもこのFLEXLITE構造の新モデルROCKETの性能を体感していただきたいです。