お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

キャッシュレスバナー キャッシュレスバナー
×

BLACK DART

ブラックダート

硬さとは無縁のフレックス!特注カーボンクロスにより表面強度にも優れているハイエンドボード!


  • エポキシ樹脂+MARKO社製高密度ストリンガーレスEPSフォーム+BLACK DARTカーボン&Sグラス
BLACK DARTの素材特性
  • 軽さ
  • しなり
  • 反発
  • 浮力の強さ
  • 対衝撃強度
  • 紫外線変色
  • 試用期間の長さ
  • 修理のしやすさ

『BLACK DART』とは?

 
サーフボードは、フロリダを拠点にしているエポキシ合成のスペシャリストでありマスターとも言える、ドリュー・バゲットにより開発されました。

Lostサーフボードはドリューと共にとともにこのテクノロジーにファインチューニングを施し、このテクノロジー使用のライセンスを得ました。
 

必見!LOST『BLACK DART』 MAYHEM 本人が語る詳しい解説ムービー from Luvsurf TV on Vimeo.

 
 

『BLACK DART』の構造と強度性

 
一目瞭然で分かる特徴は、『BLACK DART』の特別注文にて制作されたカーボンとSグラスのハイブリッド『BLACK DARTカーボンクロス』を、よくしなり高性能のストリンガーレスEPSフォームでシェイプされたデッキ全体に、エポキシレンジンで巻いているところです。

この特注『BLACK DARTカーボンクロス』は、ノーズからテールへと一方向に1層で巻かれていて、Sグラスファイバーがレールからレールに斜めにまたがるように走ります。この特殊な素材と製法により、今までの伝統的な2方向カーボンファイバーがデッキ全体に使われているガチガチに硬いボードとは全く異なるフレックス性を生み出します。

『BLACK DART』は、カーボンによる「固さ」とは無縁なのです。『BLACK DARTカーボンクロス』は、デッキ全体を覆い、レールをフルに巻きますが、ボトム面までは覆いません。カーボンもクロスしておらず一方向です。これにより、ボードが固くなりすぎず、適正なフレックス性を実現しました。ボトム面は4オンスの軽いクロスが2層巻きなので、非常に丈夫。さらにボードの仕上がり重量が非常に軽く、クールで斬新なルックスも得ました。
 
 

『BLACK DART』のフレックス性能

 
「10年も前の話です。私が二方向のカーボンファイバーを貼ったボードを使用していた時、テレビを見ていて素晴らしいインスピレーションを得ました。Myth Busters(アメリカの都市伝説等を検証するTV番組)で、ベニヤ板に単一方向と 2×2の両ファイバーを貼り、破壊するボールを打ちつけたところ、2×2の方は、粉々に砕け、単一方向ファイバーははじき返しました。それを見て、ひらめきました。単一のほうが弾力があるんです」Drew Baggett談

ネイト・イヨマンズは、サンディエゴで開催されたプロアマ大会でBlackDartのロスト5’8″V3 Rocketを駆って優勝しました。この2色のティントカラーの綺麗なボードです。ネイト曰く”今まで乗ったボードの中で一番速い”と語りました。
私たちが初めてBlack Dartsを制作してプロモーションしたとき、大会用のボード用とは想定していなかったのですが、ネイトがそうではないということを教えてくれたのです」Matt Biolos談

スノーボード工場がライセンスで作っている、アメリカ人の体力と体重向けのカチカチで硬くて、私たち体重と体力差のある日本人ではしならせることができなくて乗っても反発しないと評判のボードとは大違いです。見た目クール、乗って最高の質感の、ラグジュアリーなボードがLOST『BLACK DART』サーフボードです。
 
 

『BLACK DART』のデザイン性と軽さ

 
もう1つの利点が、特注の『BLACK DARTカーボンハイブリッドクロス』への着色です。ティントやピグメント(色素)を使ってきれいな色のコンビネーションを出すことができます。Sグラスファイバーとカーボンとのコントラストも利用しながら、非常にうまく質感の良いカラーを表現できるという利点があります。
大きなサイズのボードになればなるほど、ボード自重は重たくなってしまいますが、「BLACK DART」は厚いモデルや幅広のモデルになればなるほど、その軽量さが光ります。DIABLOシリーズなどのCL値の高いボードに最適の新素材です。
 
 

『BLACK DART』のカスタムオーダー

 
LOST『BLACK DART』サーフボードはカスタムオーダーが可能です。
モデルやサイズやマーク一やカラーデザインをあなたの希望に合わせてカスタムオーダーにて制作される『BLACK DART』は、カリフォルニア・サンクレメンテのLOST本社でシェイプされた後、フロリダの『BLACK DART』ファクトリーでグラスされ完成します。1本ずつハンドメイドなので同じボードにはならずどのボードも個性的でカスタム度満点のボードが仕上がります。

グラブレールはご注文できますが、エレベターウイングはできません。ボトム側に指定のカラーでピンラインを入れることが可能です。カーボンのラインが見えるようにする半透明な『TINT』ティント仕様の仕上げにしたり、カーボンラインが全く見えないようにするベタ塗りカラー『OPAQUE』オペーク仕様にすることができますので、カスタムオーダー時にご指定くださいね。この2つを組み合わせていただくことも可能なんですよ。

デッキに色を指定しないクリアーカラーは、カーボンの黒いラインと白く見えるラインが交互に斜めラインに見た目になるものが、『BLACK DART』素材そのものでクリアー仕上げとなります。

ロスト『BlackDart』サーフボードのカスタムオーダーは随時受け付け中です。

Price JPY210,000+tax~ 3finsモデル
Price JPY220,000+tax~ 5finsモデル

上記は2色までのカラー代金込みのお値段です。2色のカラーデザインの組み合わせをご注文していただけます。追加カラー1色は、JPY10,000+taxとなり、カスタムオーダーにはプラスJPY10,000+taxのカスタムオーダー料金がかかります。納期は約5ヵ月前後です。

プライスに関してより詳しくは各LOSTサーフボードの特設モデルページに記載されているプライスをお確かめください。

カスタムオーダーの方法や手順はコチラをご覧ください。

『BlackDart』 に関する最新情報はコチラをご覧ください。

  • ブラックダートイメージ1
  • ブラックダートイメージ2
  • ブラックダートイメージ3
  • ブラックダートイメージ4
  • ブラックダートイメージ5
  • ブラックダートイメージ6
  • ブラックダートイメージ7
  • ブラックダートイメージ8
  • ブラックダートイメージ9
  • ブラックダートイメージ10
  • ブラックダートイメージ11
  • ブラックダートイメージ12
  • ブラックダートイメージ13
  • ブラックダートイメージ14
  • ブラックダートイメージ15
  • ブラックダートイメージ16
  • ブラックダートイメージ17
  • ブラックダートイメージ18
  • ブラックダートイメージ19
  • ブラックダートイメージ20
  • ブラックダートイメージ21
  • ブラックダートイメージ22
  • ブラックダートイメージ23
  • ブラックダートイメージ24
  • ブラックダートイメージ25
  • ブラックダートイメージ26
  • ブラックダートイメージ27
  • ブラックダートイメージ28
  • ブラックダートイメージ29
  • ブラックダートイメージ30
  • ブラックダートイメージ31
  • ブラックダートイメージ32
  • ブラックダートイメージ33
  • ブラックダートイメージ34
  • ブラックダートイメージ35
  • ブラックダートイメージ36

サーフボードについて