Lost ライディングムービー

← Lost ライディングムービーに戻る

このモデルの詳細ページへ

LOST 『CRAZY POTATO』Koji Nishii 西井浩治

Luvsurf TV:LOST 『CRAZY POTATO』Koji Nishii 西井浩治@East Taiwan.
ライダー:Koji Nishii 西井浩治
使用ボード:LOST 5’4″『CRAZY POTATO』E.F.C by HydroFlex
FILM:Toshi Tanaka,Susumu Nakano
EDIT:TABRIGADE FILM

『CRAZY POTATO』

同じCL値ならロストの全モデルでおそらくもっともテイクオフが早いと思われるのがレイズポテト。しかしラウンドノーズ故に、スケーティングは得意 でも、縦の動きはノーズポイントのモデルに多少劣ります。また、波が大きな時にはダックダイブ(ドルフィン)が難しくなったりもあります。綺麗な面では最 強ですが、面が荒れるとバタバタしはじめる傾向があります。また、掘れた波では多少パーリングしやすいです。

そこで、2つの人気モデルの良いとこ取りをした贅沢なポテトシリーズ初のポイントノーズボード(風)が誕生しました。ノーズからセンターまでの前方 は「SHORT ROUND」で、テールからセンターまでの後方のアウトラインは「LAYZ POTATO」のハイブリッド。テイクオフは「LAYZ POTATO」並み に早く、持っていると「SHORT ROUND」にしか見えません!!

もちろん2つのモデルを融合させる為に全体のデザインを時間をかけてテストライドしながら熟成。「LAYZ POTATO」モデルの元になる「COUCH POTATO」のルースな運動性や、ポテトシリーズならではの、楽しく乗れるパドルとテイクオフ性能を受け継ぎ、機敏性抜群の「SHORT ROUND」の運動性までをも兼ね備えています。

ボードレングスを「LAYZ POTATO」よりも1インチ長く設定したため、全体的なアウトラインがシャープになり、ドライブ性能を高めていて、よりサイズのある波や掘れるような 波、ブレイクの不規則なビーチブレイク波など、色々なコンデションに対応します。今までのポテトシリーズは大波よりも小波を得意とするデザインコンセプト ですが、こちらはサイズのある波の時にも乗っていただけます。

「SHORT ROUND」をベースとするポイントノーズデザインは幅があり、丸みもあるポイントノーズデザインでコンペモデルのように細く尖ってはいませんので、楽なパドルやテイクオフ性能を損なわれていません。

テールには「LAYZ POTATO」モデルより受け継がれたダブルウイングスカッシュテールを僅かながら細目にしビルトイン。このボードには新しいボトムコンケーブの仕掛けが 施されました。ボトム面のノーズから薄く、テールにかけて大きく深くなるボトム面全体にデザインされたシングルコンケーブの中に隠されているのが、VEE コンケーブデザインです。このVEEコンケーブはボードセンター部からスタートしボードを持ち上げる揚力により他モデルにはない抜群の推進力を生みます。
波のエネルギーを推進力に変換するこのメイヘムの新しいボトムデザインは、あなたがボードの上で力を抜いていても走るので実感してください。そしてこの浮き上がって乗れる推進力性能は海面の荒れにも強くオンショアやサイドショアでより性能を発揮します。

見た目はハイパフォーマンスな「SHORT ROUND」。しかしその実態は・・・楽しく乗れる「LAYZ POTATO」という本当に狡いポテトの誕生となりました。