Lost ライディングムービー

← Lost ライディングムービーに戻る

このモデルの詳細ページへ

LOST『SUB-DRIVER』イアン・クレーン Ian Crane /2017 Japan QS6000

Luvsurf TV : LOST『SUB-DRIVER』イアン・クレーン2017 Japan QS6000
ライダー:イアン・クレーン Ian Crane
使用ボード:LOST『SUB-DRIVER』POLYESTER
FILM & EDIT: TABRIGADE FILM

2017年5月に日本の千葉志田下で開催されたWSL/QS6000のコンテスト期間中に撮影された、ロスト『SUB-DRIVER』モデルに乗るイアン・クレーンのライディングムービーです。
イアン・クレーンは沢山のボードを日本に持ち込みましたが、この大会は波のサイズが膝〜腹サイズという日常の日本の波サイズで行われたので、使用したのは2本のLOST『SUB-DRIVER』POLYESTERモデルでした。このモデルはとても昔からあるモデルですが、大勢のチームライダーが今でもコンテストで使用しています。それはベースになっているシェイプデザインのバランスが素晴らしいだけでなく、長年MAYHEMよチームライダー達によりデザインをアップデイトしながら洗練され続けている為に、究極のサーフボードに進化したからです。少しワイドなアウトラインとローロッカーから得られる、スピード性能と、機敏な運動性はビーチブレイクの小波に最適で、それでいて世界レベルのサーファー達のニーズにも合うハイパフォーマンス性能を持ち合わせています。大柄体型のイアン・クレーンが小波を苦とすることなく、バーティカルにボードを振り回しているのがご覧になっていただけます。では、日本の通常サイズのビーチブレイク波で、LOST『SUB-DRIVER』POLYESTERに乗るイアン・クレーンのライディングムービーをご覧ください。