お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2009.03.06
24's BLOG

サーフボードの流行はいつもロストから!

サーフボードの流行はいつもロストから!

Rocket.jpg

今年に入って、サーフボードの人気やユーザー需要は、短く幅広な、

ROCKETなどの『ハイパフォーマンスフィッシュボード』へ移行しています!

01.jpg

カリフォルニアでは、ここ数年のクアッドフィンボードのブームが定着し、

通常のスラスターから、短くて幅のあるフィッシュボードに乗るユーザーが激増!

短くて、幅の有る、『ハイパフォーマンスフィッシュボード』というデザインの

ボードが大流行しています!

0a2.jpg

クアッドブームが定着し、今まで、WCTサーファーが競技用に使うようなボードと

同じような、ポイントノーズ/スカッシュテール/トライフィンボードにしか乗ったことの無かった一般のサーファー達も、短くて幅広で浮力があるボードの方が沢山波に乗れ、スピードも簡単に出て、コントロールでき、楽しくサーフできることに気がつきはじめたのです。

0a3.jpg

競技用トライフィンから『ハイパフォーマンスフィッシュボード』に乗り換えると、

元の競技用トライフィンに乗れなくなってしまうのではとお考えの方がいるようですが、そんなことはありません。

0v.jpg

波質に合わせて使い分けしたり、1ラウンド目はトライフィンでサーフ、2ラウンド目は『パフォーマンスフィッシュボード』でサーフするなど、交互にのれば、ボードの特性が実感できますし、ボードへの理解が深まります。

そして、日本の一般的な波質やコンデションでは、大半の方がメインボードが『ハイパフォーマンスフィッシュボード』になってしまうことでしょう。

mayhem2.jpg

そんな、『ハイパフォーマンスフィッシュボード』を作らせたら世界一と名高い!

ロストのサーフボードデザイナー/シェイパーが “メイヘム”です。

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。