お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2013.06.11
24's BLOG

ブラジルリオデジャネイロのWCTイベントが終了してからのメイヘムの感想です。

皆さんご存じの通り、ジョディ・スミスがこの大会で勝利をあげ、2位のアドリアーノ・ディ・ソーザが新しく世界ランク1位。
最終日の2日前、Mayhemボードに乗る選手達はとても苦しい日となった。
24Screen-Shot-2013-05-18-at-4.54.59-PMChange
まずはじめは、コロヘ対タジ。コロヘがタジと対決するのは最初で最後となった。タジが次への道をふさいだのだ。
もし、最初の方のヒートでこの二人が対決となっていたら、残念でしょうがなかっただろう。まぁ、少なくともどちらかが進むんだけども。コロヘが乗っていたボードは新しい『FCS2』プラグにフィンをつけたF1StubとDriverのハイブリッドボードの6’0 18.63 2.25 。
241e2cc666c08e11e2978222000aa80103_7Change
次に上がるのが、あ、負けたのが、ブレッド・シンプソン。彼は、8ポイントという高いポイントでいいスタートを切った、が、チューブを抜けることができず。一方、対戦相手のミックは成し遂げた。2本目のポイントはとれず。ブレッドは負け、そして次にブラジルで行われるプライムイベントのために引き続き滞在することに。2度目のチャンスは、宝くじのようなものだね。
24Screen-Shot-2013-05-18-at-6.59.07-AMChange
次は、トラバス。彼も敗退。リトルモンスター ガブリエル・メディーナと対戦。トラバスは、その日のベストチューブライドの1つとなる、9ポイント半ばを決め、ナイスファイト。だが、ガブリエルを倒すには2本必要だった。トラバスが乗っていた板は、5’9 18.13 2.13の Driver Rピン。新しい『オリジン』フィンを使用していたがとても調子良さそうに感じた。
24Screen-shot-2013-05-22-at-8.20.47-AMChange
そしてタジの大失敗。ラウンド4(3人ヒート)タジは、9ポイントを保持。そしてビックな壁のような波にテイクオフ、ディープにせめて、姿を現した。また9ポイントだ!と思ったが、問題発生。問題は、ルーキー戦士ナット・ヤングが同じ波に乗っていたこと。とても深く大きな波だったので、お互いとても離れていたけど、タジにインターフェイスが与えられた。アンドリアーノ・デ・ソーザがこそっとピークからチューブを捕まえ、2本のハイスコアをきめた。タジは、挽回できるラウンド5へ進んだが、対戦相手がケリーとなってしまった。ケリーもラウンド4では負けて3位。タジにとってはバットニュース。ケリーは、タジを突き放し、タジは負けてしまった。今シーズン初のタジがガッカリした出来事です。
24Screen-shot-2013-05-22-at-8.20.27-AMChange
ジュリアン・ウィルソン、皆、彼にこのイベントでの活躍を期待していました。
今週ずっとフリーサーフィンでみんなを圧倒させていたから。
540バックフリップ(後方宙返り)みたいな着地したり、そんなことをやってのけていたからだ。
ジュリアンは、シーバス(セバスチャン)にシーソーバトルを挑戦させられ、たったの一分でジュリアンは小さなチューブを捉えた、が、セバスチャンが同じセットでもっといいチューブを捉え、いい動きをした。ジュリアンはいつものミッキーマウス(ママがペイントしたやつ)に乗っていた。それはSnapper用でシェイプしたもの。
すべての大虐殺(頑張りぬいた素晴らしいMayhem ライダー達)のあと、私は気が抜けた感覚がした。カメラがミックに向けられた。
ミックは、太くて短いハイブリットボード5’10 SubDriver にワックスを塗っていたところだった。去年の秋、ヨーロッパの
大会用に彼にシェイプしてあげたものだった。ラウンド5に向けてビーチに下りて行った。おそらく私の週末は、気が抜けたようにはならないだろう、なぜなら、このヒートでミックが勝ったから。クウォーターファイナルでシーバス(セバスチャン)をも負かした。が、セミファイナルではジョディ―に結局負けてしまった。ジョデイーがミックを触発したようで、ミックをエアデュアル戦に持ち込んだ・・・これは決してミックがジョディ―を負かすことができないこと。。。結局、ミックがLOSTのボードの乗っていたときはいつでも、私はうれしい。真のレールサーフィン達人のサーフィンを自分がシェイプしたボードでみれることを光栄に思う。
あのボードは、彼にはものすごくいい働きをしていると思うので、私たちは正しいものを作ったんだな。
私の週末を救ってくれてありがとう、ミック!

 

ブラジルリオデジャネイロのWCTイベントが終了してからのメイヘムの感想でした。

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。