お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

BLOG

ブログ

2013.11.17
24's BLOG

もう1度ご覧ください『FCSII』フィン着脱のコツをお伝えします。

24P1020058Change

今日はSHAWを誘い、桝田カメラマンとサンクレメンテのT-ストリートで撮影していました。

24P1020051Change

サンクレメンテピアの南側にあるリーフとサンドが混ざったボトムのサーフポイントです。

 

24P1020077Change

今日も朝からサイドオンショアが吹いていたので夕方の風が止む時間を狙って撮影です。

 

24P1020082Change

カリフォルニアも夕方5時ぐらいにはコレぐらいの暗さになり冬が近づいてきてる感じがします。

 

24P1020087Change

今日はサンセットが綺麗で波待ちしている沖にはイルカが泳いでいましたよ。

 

ここから話は変わります。

最近、皆様にFCSIIプラグが搭載されているボードを沢山ご購入していただいております。
ありがとうございます!

店頭ではお引き渡し時に、FCSIIフィン着脱のレクチャーをさせていただいておりますが、
通販でお買い求めいただいた方から、着脱を詳しく教えて欲しいというお問い合わせを
いくつか頂いておりますので、もう1度FCSIIフィン着脱のコツをお知らせいたします。

24P1050279Change

⇧上の写真の指で差している、プラグ内の前部にあるこの棒状の突起にフィンの前部を引っ掛けてください。

 

24P1050321Change

⇧この写真のように前に隙間が無くなる、状態が正しい位置です。

 

24P1050322Change

⇧この写真のように前に隙間が有るとフィンがキチンと入りませんのでご注意ください。

 

24P1050288Change
この写真の様に、『片手でこの位置付近でボードを押さえます』
ボードにキズがつかないように、砂浜や芝生の上や、下が固い時にはアスファルトやコンクリートなどの場合はボードケース等を敷き、
『ボードが傷つかないようにしてください』
フィンを取り外しする時にはサーフする時に必ず持っている『ビーチタオルをお使いください』
特に『取り外し時にはフィンの後方の薄い部分を必ず覆うようにして手が痛くならないようにしてフィンを引き上げてください』
使った方が『手が痛くならないのと力が入りやすい』です。

一番始めは少し固く感じると思いますが 、数度取り外しするとBOXとフィンが馴染み、
何度か取り外ししていただくことにより、取外しのコツがつかめて、力の入れる方向や、力加減がわかっていただけて、
FCSIIプラグの、早く、簡単な着脱の機能の良さをわかっていただけます。

より詳しくは、以前のこちらのブログをもう1度ご覧いただき参考にしてださい。
http://www.luvsurf.co.jp/24sblog/?p=21203

まだFCSIIプラグのボードを持っていない方もこれからお乗りいただくNEWボードがFCSIIになることがあると思いますので
予備知識としてご覧になっておいてくださいね。

 

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。