お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2014.10.21
24's BLOG

『LOSTサーフボード』ファクトリーツアーをご覧ください。

11410211

こちらはロストサーフボード専用カタリストグラス工場です。
貼ってあるポスターは約40年前から貼ってあるそうです。

1141021198
ホットコートという段階の状態のPOLYボードです。
クロスと樹脂で巻いたあと、さらに樹脂だけでコーテングするのですが、
その時にこのように各モデルに必要なエッジを立てる作業を行ないます。

11410211556
懐かしいゴーキンのゴーキンフリップの写真が貼ってありますね。
WCTでもこの技は今だに披露されない程の高難度な技です。

1141021187

SUB-SCORHERのオーダーボードです。名作モデルは今でもカスタムオーダーが入ります。
日本でもファンの方が大勢いらしゃいますね。

1141021178
工場内に貼られているワードのポスター。

1141021154

こちらは、ボードを仕上げるサンディングルームです。
狭い部屋中で樹脂の粉まみれになる職人さんは本当にご苦労様ですね。

114102118
ロストのサーフボードのUSAヘッドショップのカタリスト。
このサーフショップの裏手にグラスショップがあります。

11410217

メインで使われるアークティクフォームの保管庫。
ロストが1本ずつモデルに合わせてオーダーしています。

11410218
テリーシンさんの部屋、エアブラシルームです。
ここでオーダーボードに合わせて色を調合しボードにエアブラシで着色します。

11410213

こちらはボードに入れるマークを制作している部屋です。
全てのマークに使われている和紙はラヴサーフが日本の製紙会社へ制作依頼しUSAへ発送しています。

11410212
紙品質が良いので他のブランドからもマーク制作依頼がある程なんですよ。

11410214

こちらは約1500本収納可能なサーフボードラックです。
これだけあると圧巻ですね。

11410216
今日はラヴサーフのお取り引き様達が日本と韓国からきていたので工場や倉庫などこれらを
実際にご案内させていただきました。

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。