お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

キャッシュレスバナー キャッシュレスバナー
×

LOST

ロスト

ワールドツアーで築き上げた
圧倒的なスピード性能と
操作性を求める方へ

1994年にシェイパーMatt”メイヘム”Biolosが、アメリカ、カリフォルニア州サンクレメンテ市でスタートした小さなサーフボードブランドは今では世界のサーフボードデザインに最も影響を与えるトップレベルのブランドへ成長。現在はワールドツアーへ数多くの選手を送り込みワールドチャンピオンも何度も獲得済み。

そのハイパフォーマンスシーンで研ぎ澄まされたMatt”メイヘム”Biolosならではのハイスピードデザインをハイブリットタイプやフィッシュボードのデザインへ落とし込み世界中のサーファーを虜にしています。また、ロストサーフボードジャパンはシェイパーMatt”メイヘム”Biolosと共に日本の波質とユーザーの為に日本向けサーフボードを常に開発デザインし続けています。

ライン

Lostのモデル一覧へ

ストーリー始まりは
サーフショップから

1985年、メイヘムことマットバイオロスは、学友たちとマウンテンバレーでスノーボード、アップランドのパイプでスケートボード、ダナポイントでサーフィンしまくっていました。フットボールの試合に勝つ事も、関係ないし、気にしていない、彼らこそが『落ちこぼれ』。彼らはチームの名前を、本やベンチ、T -シャツ、机、とあらゆるものに落書きをしていたのです...そう、LOSTと。

story1

マットバイオロスは、1987年にハイスクールを卒業するとアストロデッキの創設者、ハービーフレッチャーのサーフショップでサーフボードをサンディングしたり、グラスしたりすることを覚えました。その頃、マットは初めてサーフボードをシェイプしてみました。それは、とてもひどいボードでその最初ボードはネズミのシッポと呼ばれてしまいました。そして2本目のボードは深刻には考えずに騒乱(メイヘム)と名付けられました。(Mayhem Ordinance は、マットのハイスクール時代のバンド名です)

この名前「Mayhem」という名前は、良い悪いに関係なく、仲間の間で定着しました。マットは、最初の年、20枚の板をシェイプしました。まだ沢山の人はマットにボードを注文していませんでしたので、マットはお金を稼ぐためにそれらのボードには独特なハンドペイントを描いていたのです。その独特なペイントされたボードはマットアーチボルト、クリスチャンフレッチャーから注文を受けるようになったのです。そして、先輩シェイパー達(少し例を挙げればティミーパターソン、ジムフラー、テリーセナタ、ランディスレイ達)と良いサンクレメンテのサーファー達との環境で働くことによりシェイパーとして育つことができたのです。

この頃、マットの友人達は、ロストというロゴと彼のアートワークを入れたTシャツを販売することを要望していました。1992年、ティミーパターソンと ジョニーマンソンの助言で、ついにロストというロゴがプリントされたティーシャツをルームメイトのビジネススクール卒業生、マイクレオラ(もうひとりのロ スト創設者の一人)とともに販売を開始したのです。そして彼らは少額の資金の為、ゆっくりと成長するようにビジネス計画を建てたのです。

story2

この頃、マットは一年で500本のサーフボードをシェイプしていて、ストライダーワズルスキーとクリスチャンフレッチャーが気に入って乗っていました。 1993年、ロストは初めてのビデオを『MOMENTAM 3』というタイトルで製作販売し、テイラースチ-ルに訴えられました。(テイラ-のビデオシリーズのタイトルと同じ為)このビデオは 『DYSFUNCTIONAL』機能障害と名前を変え、スケート、スノー、サーフ、ジョーク満載の彼らの為のビデオだったので、ほんの少しのサーフショップで販売されただけだった。

1995年に『ホワッツ・ゴーイン・オン(What’s really goin’ on!)』と『ホワッツ・ゴーイン・ロング(What’s really goin’ wrong!)』というタイトルの2本の本気ビデオを製作販売しこれが大ヒットし、ロストが世に出て来るきっかけになった。(現在2枚組DVDで再発売されています)この2本はサーフィングだけでなく、見ていて楽しい笑えるサーフビデオで、出演メンバーはロストのライダー達、缶詰を歯で開けるサーファー や、自称ワールドチャンピオンの『ギリガン』、1時間しゃべりっぱなしの『ビンス』。そして『ランドル』は、髪の毛を燃やされたり、ハーフパイプで大転倒したりといじくられ、これらのビデオで有名人になり人気者になった。サウンドトラックには当時初の、『サブライム』や『エバークリアー』を使用。この頃『ランドル』の写真を『メイヘム』とロストの広告等で使用していたのでランドルをロストのシェイパーと思い込んでいた人達が大勢いました。(今でも、日本でもいますね)

story3

その後、ロストサーフボードの代表作モデルラウンドノーズフィッシュに、コリー、クリスワード、アンディ、オッキー、トムカレンが乗る映像をおさめたビデオ『5’5”x191/4”』がリリースされた。コリーロペスが、この年ASP/WCTにクオリファイする。次は、カメラマンスパイクが、スペイ ン、ポルトガル、 フランス、ハワイ、 カリフォルニア、 メキシコ、 オーストラリア、 インドネシア、 南アフリカをロストチームがサーフしまくる映像を収録した『オンザロード(On the road)_そして、コーリー&シエィ、ギャベン&シェーン・ベッシェン、アンディ・アイアンズ、クリス・ワードの豪華オールスターメンバーがロストにより集められ、当時ボートトリップで流行し初めていた、メンタワイのパーフェクト波を、滑る、飛ぶ、『ロスト・アット・シー(LOST ATSEA)』、主にアメリカの色々なサーフスポット、ハワイ、アウターバンクス、プエルトエスコンディード、バハメキシコ、サンクレメンテ、トラッスルス、ニュースマナービーチ、 バルバドス、ニュージャージー、インディアンロックス、ハンティングトンビーチ、セバスチャンインレット、フロリダ、サンディエゴ等を収録した、『アクロ ス アメリカ(ACROSS AMERICA)』のVol.1、次にはこの続編として、アクロス アメリカ Vol.2『ザ デクライン(THE DECLINE)』をリリース。これは広告主の獲得しか考えていないサーフメディアを批判し、ロストらしさを打ち出したビデオとして今でも人気が高い。

story4

同時に、これらのビデオ制作をしながら、マイクとマットは、服を作ることを学んでいました。マット達は、たいした経験があったわけでは無いので期待はずれの手作りスクリーンプリントをTシャツにしていたにすぎませんでした。この頃にキャプテンジャックが朝6時まで、ガッチャファクトリーの仕事が始まる前までスクリーンプリントを使えと助けてくれて、次にはパターンやサンプルの作り方を伝授してくれ、キャップ、ウォークショーツ、パンツ、ボードショーツ、 ジャケット、などの製作ができるようになったのです。1996年に、ローランスギグリーが彼らのところへきて、クロージングデザインのプロダクションが完成し、ロストクロージングは、10アイテムから30アイテムまでに成長しました。日本にロストクロージングが上陸したのもこの頃です。

ロストの最初のプロチームライダーは、1993年にスケートボーダーは、チャドシェトラーで、1994年にサーファーは、クリス・ワード(当時15才!) とコリー・ロペス(当時16才!)その後、ジャスティンマターソンが続きました。他のクロージングカンパニーが6桁の数字を提示してクリスを誘い、クリスはロストを離れましたが、クリスは今、WCTサーファーに成長し、ロストのチームライダーとして活躍しています。歴代のサーフチームライダーは、クリス・ ワード、シエィ&コリー・ロペス兄弟、クリスチャン&ネイザン兄弟、ディノ&コロヘ・アンディーノ親子、メイソン&マイク・ホー親子、ケーシー・カーティ ス、ネイト・イヨマンズ、ストライダー・ワズルアスキー、サクソン・バッチャー、ジャスティン・マタソン、ジョン・ロバートソン、カイル・ガーソン、ジャスティン・ポストン、テッド・ナヴァロ、ディーン・ランダーゾ、アダム・ビアーズ、マクア・ロスマン、カラ・アレキサンダー、デヴィッド・ウエアー、アー ロン・コーミケン(ゴーキン)そして、シェーン・ベッシェンまでとういう凄いメンバー達が名を連ねています。

Lost Enterprisesはマットとマイクのリビングルームから生まれ、最初のLostハウスにはLostランプが裏庭にありました。ここで全てがスタートしロストな人々が集まり、サーフ、パーティーと暴れ、失敗と成功を繰り返し、今に至ります。この家が市の通告により、1996年に使用禁止にされるまで、 これは続きました。その後、サンクレメンテ中心部のエルカミーノ通りの古い倉庫に移りました。その後、サンクレメンテのビジネスセンター街の巨大なサーフボード倉庫へ移り、世界中にサーフボードを発送しています。また、メイヘムは街で一番歴史あるサーフショップを買取りサーフボードをグラスする工場や、シェイピングマシンを2台保有し製産体勢を万全にし、自身もトラッスルスのマシンブレイクでテストライドを繰り返し、さらには、世界トップレベルのサーファー達からのフィードバックを反映させたボードを皆様にご提供しています。

Lostは世界中にゆっくりと広がり続けていますが、私達が言えることは、始めた時の同じ哲学「楽しく過激に!」と今でも走り続けているのです、そう我々こそが…LOSTです!

LOSTサーフボードに信頼を寄せているのは、あなたのようなアンダーグラウンドサーファーや、世界各地に散らばるローカルリッパーだけでなく、世界最高レベルの一握りの選手だけが参加できるWSLワールドツアーでもLOSTサーフボードに乗る選手が多いことでも有名です。メンズには参加資格32人中5人、ウィメンズには16人中5人を送り込んでいます。メンズは『コロヘ・アンディーノ USA』『マイケル・ロドリゲス BRAZIL』『グリフィン・コラピント USA』『ヤゴ・ドラ BRAZIL』『ジョアン・ドリュー FRANCE』の5人。ウィメンズは『カリッサ・ムーアー HAWAII』『キャロライン・マークス USA 』『マリア・マニュエル HAWAII』 『ココ・ホー HAWAII』 『メイシー・、キャラハン AUSTRALIA』の5人です。

またLOSTサーフボードチームには個性的なオリジナルなサーフスタイルで人気の『メイソン・ホー HAWAII』がいることでも知られています。短いFISHボードでパイプライン、バックドア、サンセットの大波をメイクして見せたり、誰もサーフしない危険な岩場でクレイジーなサーフスタイルでバレルライドやエアリアルを決める映像が世界中のSNSやメディアで再生されています。

また、LOSTブランドが象徴するコアサーファーのイメージと高性能なサーフボードであることは、LOSTの本拠地カリフォルニアではLOSTジェネレーションと呼ばれる30~50歳代のサーファーに信頼が厚いだけでなく、10代の次世代サーファー達には特に人気がありサーフボードにうるさい幅広い年齢層のコアサーファー人気は全米1位と言わています。

LOSTはこのように現在までしっかりとしたバックグラウンドでの活動の歴史が有り、世界TOPレベルの性能と誰もが認める信頼あるサーフボードブランドへ成長し、サーフボードのシェイプデザインだけでなくカラーデザインを含む、世界のサーフボードデザインのトレンドをリードするブランドとなりました。

続きを読む
ユーザーボイスを見る