お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

月曜~土曜 12:00 - 21:00
日曜・祝日 14:00 - 20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

キャッシュレスバナー キャッシュレスバナー
×

RIDING MOVIE

ライディングムービー

LOST『POCKET ROCKET』マイケル・ロドリゲス/J-bay / 2018

Luvsurf TV : LOST『POCKET ROCKET』マイケル・ロドリゲス/ J-BAY / 2018
ライダー:マイケル・ロドリゲス Michael Rodrigues
使用ボード:LOST『POCKET ROCKET』Pro-Formance
FILM & EDIT: TABRIGADE FILM

2018年WSL/WT南アフリカ大会で撮影されたブラジル出身のLOSTチームライダー
『マイケル・ロドリゲス』のライディングムービーです。

サイズのあるホローで早くブレイクする、極上の波質で乗っているのはLOST『POCKET ROCKET』Pro-Formanceのラウンドテールです。

『マイケル・ロドリゲス』のホームのブラジルの波はチューブになる波質なので彼はチューブが上手いです。

風が吹いていてリーフブレイクでもあるJ-BAYの面が硬い波 でもレールが入り込みやすくて、テールが踏み込むことができる波質なのでいつもよりも長めでラウンドテールを使用しています。

日本のような波ではテイクオフの時にボードを波が押し上げて滑り出すようにしたり、 力の無い波で走り続けるためにテール幅やテール幅が必要になってきますが、J-BAYのようにホローし波に力がある波質ではテールを狭くして押し上げられすぎないようなテール形状のボードがコントロールしやすいとうことなんですね。

ボードは波質に合わせてデザインを変えて乗る必要があるという事が言えますね。