お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2007.11.26
24's BLOG

ボードを購入してくれた方達です。


Aさんは、じっくりとサイコワードモデルとWCTモデルの自分サイズの多数のボードを見比べてWCTモデルを選んでくれました。アウトラインも好みだそうですが、なんと言っても決め手はコンケーブがWCTの方が深いということが理由だそうです。自分のボードを何本も時間をかけて実物を見て選ぶのは楽しいですね。

Bさん(写真右)は、コンクエストのこのカラーの出来上がりを大変気に入ってくれました。このカラーデザインはコンクエストに凄くマッチしていて、写真では見れませんが、エレベーターウイングのボトム側にも綺麗なボカシエアブラシがカラーリングされているんです。

Hさんは、ライヴカメラマンさんで、有名なアーティストのミュージックDVDを撮影するのが仕事なんだそうです。アーティストの名前を聞いたらTVをほとんど見ない僕でも知ってる名前だったんで驚きました。このボードの前はモールドのファンボードに乗っていたそうです。

Sさんは、ロングボードからショートへ転向するのにこのシャークモデルを選んでくれました。最近ラヴサーフには多くのロングボードからショートへの乗り換える方が相談しにきてくれます。ロングをやっていると動きの軽快なショートに乗ってみたくなるそうです。

Cさんもそんなロングからの転向組で、ラヴサーフの近所にお住まいでロングボードからショートへのはじめのボードにコンクエストをカスタムオーダーしてくれました。
6’3”という規制サイズ以上のジャイアントコンクエストボードのフルカスタム仕様です。コンクエストはアウトラインが美しいのでレールカラーがとても映えますね。

Yさんは、これでプレセボ3本目です。今回選んでくれたのは、5’10” AC-PROです。AC-QUADもお持ちなので、ボード購入と同時にAUROLA フィンのファイバーフレックス/TRIセットと、カーボンフレックス/5.1+4.2 QUADセットも購入してくれました。

Tさんは、セール中のサイコワードを買いにきたつもりが、同じモデルの自分サイズのXTR5.Cのパラボリックストリンガーの自分サイズを見つけてしまい、こちらのボードを選んでくれました。良いものを見てしまうと欲しくなってしまうのは仕方ないですよね。
皆様、ご購入ありがとうございます!

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。