お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2008.08.31
24's BLOG

XTRに開けられている、エアーを抜く穴を接写してみました。

XTRに空けられている、エアーを抜く穴を接写してみました。

P1000035.JPG

このエアーベントホールは、ボードが高熱の状態になったとき、

フォームから発生するガスを外へ放出する役目をしています。

デッキには、レールとセンター部分に2列ずつ、

ボトムには、両レールに沿って多数空けられています。

XTRフォームは水を吸い込まない唯一のブランクスなのでこのように、

穴を空けられることができるのです。

ボードを使っていて水を吸い込んで重たくなることはほぼ無いという

驚くほど長期間使っていただけるロングライフボードなんです。

XTRをお試しで無い方は是非、乗ってみてくださいね!

その、XTRですが、

西井パーソナルボードCOMP-4モデルXTR PB仕様が届きました。

P1000032.JPG

ホワイトレール XTR パラボリックの、サイズは、

5’9″  x 18.25″ x 2.13″ (175 x 46.3 x 5.4 cm)です。

長さは、5’10″でオーダーしたのですが、5’9″で、上がってきました。

メイヘムはサーフボードのサイズの世界的流行である、

長さを短くして、幅を出すディメンションに調整してくれたとのことです。

厚さは、いつもスタンダードボードは、5.1か、5.25cmにしているのですが、

今回、5.4cmというのは、いつもより厚めです。

厚さは、40歳を越えてパドルが辛くなってきたので、厚さを厚くしてみました。

P1000034.JPG

フィンは標準設定のQUADは、もちろん、TRIでも乗ってみたいので、

5フィン/FCS-FUSIONプラグです。

乗るのが楽しみです!

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。