お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2012.11.15
24's BLOG

何故?『AUROLA FIN』を推薦しているか解説します。

ラヴサーフでは何故?
『AUROLA FIN』をオススメしているか解説させていただきます。
LOSTやPlaceboサーフボードを購入時に付属されるのは、
このMAYHEMとマークが大きくプリントされた、FCS社純正の GMB(G Matt Biolos)フィンなのですが、
このGMBフィンは、FCS社のフィンサイズチャートで、『L』というラージサイズの大きなフィンのグループになります。
ですので一般的には大きな波用で、大きなドライブターンが必要なオーバーヘッドサイズ以上の波の時に使うのに向いています。大きな面積が水の中に刺さっているということは、ボードに安定感を持たせる性質もあるので、初心者がパドル時やテイクオフ動作を行なう時にボードをふらつかせないように作用してくれるのでビギナーさんはこのフィンを小波でも使うことをおすすめします。
が、しかし、中級レベルぐらいになるとリップアクションを完成、練習したい方や、ボードをもっと動かしたい方は、『L』というラージサイズの大きなフィンでは大きくて、動きが重たく遅く感じます。ですので付属のGMBフィンよりも面積の小さなフィンを使用することをおすすめします。
どんなフィンが良いかと言うと、これからご紹介する、軽量で高性能な『AUROLA FIN』フィンがおすすめなんです。
では、その『AUROLA FIN』シリーズと、GMBフィンとの比較写真を御覧ください。
右上:CHARGERフィンは、ベースが細く、高さも低くなっています。
右下:TRIPLE RAZERフィンは、ベースがやや細く、高さがより低くなっています。
右上:BAMBOOのサイドフィンは、ベースが細く、高さも低くなっています。
右下:BAMBOOのセンターフィンは、ベースがとても細く、高さもとても低く、小さいフィンです。
右上:CARBON 5 のサイドフィンは、ベースはほぼ同じですが、高さがやや低くなっていますね。
右下:CARBON 5 QUADセットにする時のバックフィンは、ベースがとても細く、高さもとても短いです。
右上:FLEX-FIVE QUADセットにする時のバックフィンは、ベースが細く、高さも低く、小さいです。
右下:FLEX-FIVE のサイドフィンは、ベースはやや細く、高さもやや低くなっています。
4.7 MFF のサイドフィンは、
ベースはほぼ同じですが、高さがやや低く、先端も短く、センター部の幅も狭くなっています。
4.5 MFF のサイドフィンは、
ベースがとても細く、高さも低く、先端もとても細く、センター部の幅もやや狭くなっています。
このように、どのフィンを比較してもGMBより小さく、フィン面積の大きさに差があり、
日本の日頃サイズの波に向いている『AUROLA FIN』シリーズは、フィンを変えただけで
*ボードの動きが軽くなる
*ボードコントロールが簡単
*技のキレが良くなる
こんなに効果がありますので、付属のGMBフィンは大きな波用として使っていただき、
日本の波質や日頃の波の大きさにより合う、小さめの『AUROLA FIN』を使用されることをおすすめします。
『AUROLA FIN』シリーズはフィンを変えてもわからない何て事にはなりませんので、
是非AUROLAフィンを装着してお気に入りのサーフボードの性能を向上させてみてください。
Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。