お電話でのお問い合わせ×

ご注文・各種お問い合せ・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください

平日/日曜・祭日
12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ×

平日/日曜・祭日12:00~20:00
*年中無休(年末年始除く)

メールフォームでのお問い合わせ

サーフボードのサイズやモデル、サーフボード以外の商品、修理についてのご相談はこちら

×
×

BLOG

ブログ

2015.06.13
24's BLOG

同じモデルの同じサイズを乗りボード素材の違いを比較テストです。

FullSizeRender[7]

今朝はUPPERでサーフしてきました。
乗ったボードは5’8『SUB-BUGGY-JP』です。
FullSizeRender[6]

テスト中のCARBON ラップというNEWテクノロジーボードです。
FullSizeRender[5]
同じモデルの同じサイズを昨日と今日で乗りボードの素材の違いを比較テストです。
ストリンガーレスのEPSフォームなのでしなやかです。
ボトムからデッキにかけてカーボンが巻き込まれているのを見ていただくと
想像していただけると思いますが、2本のカーボンラインは、カーボンの反発にEPSの反発を加え、
ボードのネジレを防ぎ、ストリンガーの役目もこなしているのです。
FullSizeRender[4]
このパテント(特許)ペンディングされた、カーボンラップテクノロジーボードは、
流行のEPSカーボンレールのボードが古く見えてしまう程で、
そのボードを持って歩いているサーファーさんや他の人にも、
海の中でボードを見せてくれと言われましたよ。

FullSizeRender[2]
今日は午後もLOSTサーフボードでお仕事です。
こちらの、ボードの梱包作業を行っているのは新入りさんでまだ見習い中なんだそうで
熱心にサーフボードをボックスの中に入れる作業を行っていました。

FullSizeRender
これからサンクレメンテエリアは10日間ほど小波が続きそうなので、
5’4”前後ぐらいで西井が乗れる小波用のボードがないかSTOCKボードの中から、
ダクくんが探してくれています。

FullSizeRender[1]
これだけのボードがあるのですがUSA国内用にSTOCKされているボードなので
やはり西井が希望するような日本人サイズのボードは見つからなかったでした。

FullSizeRender[8]
一昨日CAから日本に帰国した正人から連絡があり、
日本での15名の招待選手で行われるBIG WAVEコンテストにインビテーションを受けました。と、とても喜んでいて、選手としてサーフするのでBIG WAVE用のガンボードが欲しいと連絡があったので早速オーダーしておきました。8/1より10/31までがウェイティング期間だそうです。昨年は波が規定コンデションまで上がらずに見送られてましたが、今年は波が上がりコンテストが開催になるとよいですね。

FullSizeRender[3]
こちらはメイソンが使っていたボードです。
5’9”SUB-SCORCHERIIで25clです。
EPSのエポキシレジンで2本のスプリットカーボンがボトムに仕組まれています。
このスペシャルなボードが欲しい方がいらしゃいましたらご連絡ください。
03-3732-5532まで、
https://www.luvsurf.co.jp/contact.html
またはこちらからご連絡ください。
価格は128000円(税込)の破格で7月中にお引き渡し可能です。
CAに来たときに数回しか乗られていないので程度は新品同様極上ですよ!

Koji Nishii・西井浩治
このブログを書いたスタッフ

こんにちは西井です。 長年のプロサーファーとしてのノウハウと、カリフォルニアサーフインダストリーとの太いコネクションとLostのシェイパー"メイヘム”との20年を超えるリレーションシップによりLOST&Placeboサーフボードの正規輸入総代理店 「LUVSURF」 を東京都大田区で1996年からやっております。リニューアルされたWEBサイトでは毎日24’sブログを更新しておりますので、ぜひチェックしてください。