Lost ライディングムービー

← Lost ライディングムービーに戻る

このモデルの詳細ページへ

LOST『DIABLO-X』CARBON WRAP 西井浩治 Part 1

Luvsurf TV : LOST『DIABLO-X』CARBON WRAP 西井浩治 Part 1

ライダー:西井浩治 Koji Nishii
使用ボード:LOST『DIABLO-X』CARBON WRAP
FILM & EDIT:TABRIGADE FILM

初代の日本限定販売モデル、LOST『CONQUEST』から進化し続ける2018年度版のモデルがこの『DIABLO-X』です。

厚いボードのレールワークの切り替えしを、補助する為に搭載されている、伝統の「エレベターウイング」も長くてシャープになったり進化を続けています。

この『DIABLO-X』は、35歳以上の大人のサーファーを対象としていて、混雑している、1週間の内で一番海が混み合う、日曜日の午前中でも、多くの波に乗り、浮かんでいるだけでなく、短時間で沢山の波に乗って、笑顔でサーフィンを楽しめるボードです。

世界トップレベルのハイパフォーマンスボードシェイプデザイナーである、マット”MAYHEM”バイオロスと西井がタッグを組んで、パドルとテイクオフ性能に特化して惜しみなく時間をかけて研究・開発・テストライドしているモデルです。

『DIABLO-X』のデザインの特筆すべきは、レールの薄さとその運動性能です。浮力(CL値)をタップリと持っていて、センターの厚さ数値が厚いですが、厚さ数値からは想像もできないぐらいレールが薄いので、センターが厚いボードですが、軽々とレールワークが出来きて動き回れるのです。ボードセンターからレールへ向かいどんどんと薄くなっていく「ドームデッキデザイン」は実物のボードデザインは必見ですよ!

上級者も満足させる運動性能を持っているのがこの『DIABLO-X』です!

『DIABLO-X』を手に入れて、浮力を味方にして、混雑した波情報で1番の点数のサーフポイントで、誰よりも沢山の波に乗りまくり、シャープにターンをしまくって、楽しい帰路についてくださいね!